文章チェックツールに「外出自粛要請」と入力した結果→おかしな日本語だと指摘されてしまう

Jタウンネット / 2021年1月13日 6時0分

2021年1月8日、東京と埼玉、千葉、神奈川の1都3県が緊急事態宣言下に入った。

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、政府は住民に向けて、「不要不急の外出自粛」を要請している。

「自粛要請」......昨年からたびたび目にする言葉だが、この表現が今、ツイッター上で話題を呼んでいる。


「純粋エラー」が発生

注目を集めているツイートがこちらだ。

投稿者のバシ(@SublimePorte_)さんによると、無料で日本語のエラーをチェックするツール「Enno」を使ったところ、「外出自粛要請」という表現がエラーになったというのだ。

画像は、バシ(@SublimePorte_)さんより
画像は、バシ(@SublimePorte_)さんより

実際にJタウンネット編集部でも、「Enno」で「外出自粛要請」という表現をチェックしてみた。すると同じように、

【純粋エラー】「自粛」と「要請」は両立しない言葉です。「自粛」は自ら行うものであり、「要請」は相手に強く求めるものです。

と、指摘されてしまった。

この言葉に関しては、ツイッターでも

「自粛要請って日本語もずっと違和感」
「『自粛』を『要請』という日本語の壊れ具合がヤバイ」
「『自粛を要請する』に日本語の違和感を拭えないままなんだが、もっとマシな表現はないものか」

などの声が上がっていた。国や自治体のウェブサイトなどでも何度もくり返し使われている表現だが、やはり日本語としておかしいのだろうか。では、他の校正ツールでもこの表現をチェックしてみたら、はたして修正されるのか。

さっそく検証してみた。今回は、Googleの検索結果で上位に表示された中から、無料で使えるツールのみにしぼって使用した。

まず、「PRUV(プルーフ)」という無料校正ツールで試してみる。

結果がこちら。

 画像は、「PRUV」のスクリーンショット(赤線は編集部で書き込み)
画像は、「PRUV」のスクリーンショット(赤線は編集部で書き込み)

「問題は見つかりませんでした」とのこと。

次に、「テキスト処理ツール」というWebアプリ(無料)を使ってみた。同じように「外出自粛要請」と入力する。

結果は......、

画像は、「テキスト処理ツール」のスクリーンショット(赤線は編集部で書き込み)
画像は、「テキスト処理ツール」のスクリーンショット(赤線は編集部で書き込み)

こちらも、「問題なし」。

最後に、おなじみ「Word」(Microsoft Office 365)の校正機能でチェックしてみた。

画像は、「Word」のスクリーンショット(赤線は編集部で書き込み)
画像は、「Word」のスクリーンショット(赤線は編集部で書き込み)

こちらも修正点はゼロと言う結果。

3つの校正ツールとWordの校正機能を使った結果、「外出自粛要請」という日本語に問題があると指摘したのは「Enno」だけだった。うーむ......「Enno」が厳しめなのだろうか。

「自粛を要請」......違和感の大きい表現ではあるが、感染拡大を抑えるためにも外出自粛に努めたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング