1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「自由席が満席で、車両のスミに座り込む私。それを見たタトゥーだらけの男が近づいてきて...」(愛知県・40代女性)

Jタウンネット / 2021年9月19日 11時0分

「自由席が満席で、車両のスミに座り込む私。それを見たタトゥーだらけの男が近づいてきて...」(愛知県・40代女性)

「人を見かけで判断してはいけない」

昔からよく言われていることだ。

とはいえ、怖そうな見た目の人がいてつい避けてしまった、といった経験がある読者もいるだろう。

しかし、やはり見た目だけではその人の性格までは分からない。そう身に染みた出来事があったと、愛知県在住の40代女性・M江さんが編集部に1通のメールをくれた。

それはコロナ禍以前のお盆の前。M江さんは趣味の野球観戦のため、福岡県へ向かっていた。

新幹線の指定席が取れなかったので、彼女は満席の自由席車両で立つことに。

そのうち空いて、どこかに座れるだろうと思っていたのだが......。

座れずにいたら、近寄ってきたのは...

新大阪で新幹線を乗り換えてからも、新神戸を過ぎても、車両は変わらず満席のまま。

M江さんは自由席車両の端で、座り込んだり立ち上がったりを繰り返していた。

そんな彼女の元にひとりの男性が近づいてきたという。

「新大阪で私の前に並んでいた方でした。腕にびっしりタトゥーが入っていたので、関わりたくない、と思っていました。
車内でチラチラこちらを見ていることに気づき、目が合ったときは本気でヒヤリとしたほどです」(M江さん)

何を言われるのだろうかと身構えていたM江さん、男性がかけたのは、思いもよらない言葉だった。

近寄りがたい雰囲気の男性が...(画像はイメージ)

「あんたずっと立ってるじゃん、俺タバコ吸いに行くから座っていいよ」

そして、席を譲ってくれたのだという。

何度か断ったものの、足腰が限界に近づいていたM江さんは......。

「ではタバコから戻るまで、とお言葉に甘えて座らせてもらいました」

しかし、いつまで待ってもその男性が戻ってくることはなく、そのまま博多に到着してしまった。

新幹線から降りたM江さんは、男性が階段を降りていく姿を発見。慌てて追いかけたものの追いつけず、結局そのままになってしまったのだそう。

M江さんはその男性に「ちゃんとお礼が言いたかった」、という。

「私を座らせてくれた後、その方がどうしていたのかわかりませんが、ヘルプマークを付けた私に親切にしていただいたこと一生忘れません。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました」

誰かに伝えたい「あの時はありがとう」、聞かせて!

名前も知らない、どこにいるかもわからない......。そんな、あの時自分を助けてくれた・親切にしてくれた人に伝えたい「ありがとう」を心の中に秘めている、という人もいるだろう。

そこでJタウンネットでは読者の皆様の「『ありがとう』と伝えたいエピソード」を募集したい。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージ、メール(toko@j-town.net)から、エピソードを体験した時期・場所、具体的な内容(どんな風に親切にしてもらったのか、どんなことで助かったのかなど、500文字程度~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング