1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. デジタル家電

JBL、「JBL LIVE PRO+ TWS」に新色ローズゴールドとクロムを追加

価格.com 新製品ニュース / 2021年10月22日 16時22分

写真

JBL LIVE PRO+ TWS

ハーマンインターナショナルは、「JBL」ブランドの完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE PRO+ TWS」において、新色ローズゴールドとクロムを追加。10月22日より、JBLオンラインストア、JBL Store(横浜)およびJBL公式楽天市場店限定で販売を開始する。

「JBL LIVE PRO+ TWS」は、ショートスティック型を採用し、ハイブリッド式ノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン。ボディカラーは、今回の新色ローズゴールドとクロム、発売中のホワイト、ベージュ、ブラックをあわせて5色をラインアップとなる。

製品の特徴は、「ショートスティック型」を採用することで、筐体の大型化の原因となる、充電池などを効率的に配置し、外耳の耳に接する部分を極限まで最小化。人間工学に基づいた独自の形状と相まって、大きすぎてフィットしないと感じている人の耳にも軽快にフィットする設計を実現したという。

音質面では、ハウジング容積を小型化しながらも、力強くキレのある低音域再生能力を確保するために、新開発の大口径11mm径ダイナミックドライバーを採用。JBLらしいパワフルなサウンドを実現している。

また、左右合計6基の高性能マイクを搭載。同社製の完全ワイヤレスイヤホンの最上位モデル「JBL CLUB PRO+ TWS」にも採用しているハイブリッド式ノイズキャンセリング機能と「高品位通話」機能を装備。ノイズキャンセリング機能は、左右合計4基のマイクを駆使して騒音成分を的確に把握し低減する。

さらに、本モデルでは、よりアクティブなライフスタイルを送る人々を想定し、再チューニングを施すことで、人の話し声や車・電車のような中低音域のノイズキャンセリング性能を向上させ、通勤・通学時やカフェなどの街の喧騒において快適な静寂をもたらすという。

Bluetoothのバージョンは5.0で、対応プロファイルがA2DP 1.3、AVRCP 1.6、HFP 1.7、対応コーデックがSBC、AAC。

バッテリー駆動時間は、イヤホン単体で最大約6時間(ノイズキャンセルオン時)、充電ケース併用で最大約24時間(ノイズキャンセルオン時)。

直販価格は17,800円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング