1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. デジタル家電

ティアック、外掛け式ベルトドライブ採用のアナログターンテーブルを本日11/27発売

価格.com 新製品ニュース / 2021年11月27日 6時10分

写真

TN-3B-SE/CH

ティアックは、アナログターンテーブルの上級機「TN-3B-SE」より、天然チェリー突板を採用した「TN-3B-SE/CH」を本日11月27日に発売する。

外掛け式ベルトドライブ方式を採用した、アナログターンテーブルの上級機。薄型キャビネットに、MM型カートリッジ対応フォノイコライザーを搭載した。

ハイエンドトーンアームブランドのSAECとのコラボレーションにより、可動部にナイフエッジを用いた新開発のトーンアームを採用。新日本無線製のオーディオ用高精度オペアンプ「NJM8080」をフォノイコライザーに採用した。

カートリッジには、オーディオテクニカ製のVM型カートリッジ「AT-VM95E for TEAC」を採用。楕円針とナイフエッジトーンアームの組み合わせにより、ナチュラルでバランスの整った解像度の高いサウンドを楽しめるという。

ターンテーブル部の主な仕様は、モーターがDCモーター、回転数が33-1/3回転・45回転、ワウ・フラッターが0.1%以下、S/N比が67dB(A-weighted、20kHz LPF)。トーンアーム部の実効アーム長は223mm。

本体サイズは420(幅)×117(高さ)×356(奥行)mm(ダストカバー装着時)、重量は約5.0kg。

価格はいずれもオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください