「Astell&Kern AK70 MKII」×劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」

価格.com 新製品ニュース / 2017年10月13日 17時5分

写真

AK70 MKII劇場版 Fate/stay night [HF]

アユートは、ハイレゾポータブルオーディオブランド「Astell&Kern」と、劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」のコラボハイレゾプレーヤー「Astell&Kern AK70 MKII劇場版 Fate/stay night [HF]」を発表。直販サイト「アキハバラe市場」、及び全国主要家電量販店、オーディオ専門店にて、11月17日より1500台限定で発売する。

Astell&Kernの最新ハイレゾプレーヤー「AK70 MKII」をベースに、劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」とのコラボレーションしたモデル。作品の世界観をイメージしたパープルカラーのボディに間桐桜とセイバーの描き下ろしのイラストをレーザーマーキングしたオリジナルデザインを採用。

また、フロントパネルにも作品タイトルをレーザーマーキングしたオリジナルデザインとなっており、魔法陣をあしらったボリューム部のレッドリングがアクセントに映えるカラーコーディネートも特徴だ。

さらに、ハイレゾ音源の録り下ろしスペシャルボイスとして、間桐桜(CV:下屋則子)、セイバー(CV:川澄綾子)、遠坂凛(CV:植田佳奈)をプリインストール。各キャラクターのアートワークもオリジナルデザインだ。このほか、ロゴ入りケース、オリジナルイラストカードなど特典が多数付属する。

直販価格は89,980円。

なお、ベースモデルである「Astell&Kern AK70 MKII」は、エントリー向けに位置するモデルでありながら上位モデルに迫る機能・性能が特徴の「Astell&Kern AK70」後継機種。同社フラッグシップモデル「A&ultima SP1000」の開発思想である“バランス再生時の高出力化と低歪・高S/Nの両立”を取り入れることで、アンプ部を強化した点が特徴だ。

また、音質の要となるD/A変換には、第二世代のフラッグシップモデル「AK240」と同様、シーラス・ロジック製ハイエンドDAC-IC「CS4398」をL/R独立して1基ずつ、GNDもL/R独立させたデュアルDAC構成を採用。これにより、単独のポータブルオーディオプレーヤーとしては驚異的なクロストークとS/N比、ダイナミックレンジの拡大と低歪化を実現した。

ネイティブ再生は192kHz/24bitまでとなっており、352.8kHzが176.4kHz、384kHzが192kHz、32bitが24bitにダウンコンバートされる。DSDはPCM176.4kHz/24bitに変換対応する。このほか、通常のヘッドホン出力端子(3.5mm/3極 アンバランス)に加え、2.5mm4極バランス出力端子も搭載する。

(c)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

価格.com 新製品ニュース

トピックスRSS

ランキング