オムロン、手でさすられているような「リズムたたき」対応の低周波治療器

価格.com 新製品ニュース / 2018年3月14日 6時15分

写真

「オムロン 低周波治療器 HV-F013」

オムロン ヘルスケアは、「オムロン 低周波治療器 HV-F013」を発表。4月6日より発売する。

国際疼痛(とうつう)学会で「痛みを和らげる効果がある」と定義されている周波数(50Hz~100Hz Conventional波形)を採用した「リズムたたきモード」を搭載したモデル。「腰まわりの痛みを、手でさするようにやさしく緩和する」とのことだ。

さらに、「リズムたたき」に加えて、「腕/肩」「腰」「足裏/ふくらはぎ」「もむ」といったモードを搭載。治療したい箇所や症状に合わせて選択できる。刺激の強さは10段階から調節可能だ。このほか、パッドは水洗いすることで、約300回繰り返し使用できる。

主な仕様は、電源が単4形乾電池×2を使用。電池寿命は約3か月(1日1回連続15分使用時)。最大出力電流が6mA以下、基本周波数が約1~108Hz、定格出力電圧が最大約40V、最大パルス幅が100μsec、消費電力が約0.2W、定格時間が15分。

本体サイズは70(幅)×75(高さ)×22(奥行)mm、重量は約75g(電池含む)。

市場想定価格は7,980円前後(税別)。

価格.com 新製品ニュース

トピックスRSS

ランキング