LAOWA、画角113度のAPS-C用レンズ「LAOWA 9mm F2.8 Zero-D」発売日決定

価格.com 新製品ニュース / 2018年4月17日 6時50分

写真

「LAOWA 9mm F2.8 Zero-D」

サイトロンジャパンは、4月上旬ごろ発売としていた広角レンズ「LAOWA 9mm F2.8 Zero-D」の発売日を4月27日に決定した。対応マウントは、富士フイルムX用、キヤノンEF-M用、ソニー E用を用意する。

画角113度(対応フォーマット:APS-C)を実現したモデル。仕様面では、特殊低分散レンズ(EDレンズ)3枚とガラス非球面レンズ2枚を使用。堅牢性にすぐれ、高級感のある金属筐体を採用。効果的な花型フードも付属する。

主な仕様は、焦点距離が9mm、最大F値がF2.8、画角が113度(対応フォーマット:APS-C)、レンズ構成が10群15枚、絞り羽根枚数が7枚、最短撮影距離が12cm、最大撮影倍率が0.13倍、フィルター径が49mm。重量が最大215g(マウントにより変動)。

市場想定価格は65,000円前後(税別)。

価格.com 新製品ニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング