ソニー、耳をふさがない有線ステレオヘッドセット「STH40D」6,880円

価格.com 新製品ニュース / 2018年5月17日 7時0分

写真

STH40D

ソニーは、耳をふさがない構造を採用した、ケーブル接続対応のステレオヘッドセット「STH40D」を発表。6月23日より発売する。

同社独自の音導管設計を採用したモデル。3.5mmステレオミニプラグのケーブル接続に対応する。音導管を通して鼓膜へダイレクトに音を届けることで、周囲の音と再生している音楽がブレンドされる新しいリスニング体験「デュアルリスニング」を実現するという。

独自の測定データに基づき、周囲の音の聞こえやすさと広がりある音を両立させ、BGMのように音楽を楽しめる点も特徴。音楽を聴いていても、周囲とコミュニケーションを図れたり、アウトドアでのアクティビティ時に自然の音も楽しめたりできる。

本体は、より多くの耳の形にフィットする、新しい下がけスタイルを採用。装着時に正面から目立ちにくく、耳への負担を軽減した形状であるほか、メガネと干渉が少ないというメリットもあるという。

機能面では、ケーブルにリモコンを搭載し、マイクとボリュームキー、マルチファンクションキーを搭載。ハンズフリー通話やボリューム調整、音楽の再生/停止や、曲送り/戻しを手元で操作できる。また、マルチファンクションキーを長押しすることで、接続したスマートフォンのGoogleやSiriといったボイスアシスタントを呼び出して情報検索などの音声操作が可能だ。

主な仕様は、対応OSがAndroid/iOS、ドライバーユニット径が13.6mmダイナミック型、周波数帯域が20Hz~20000Hz、インピーダンスが32Ω、重量が18g、コード長が1.2m、コードタイプがY型、入力プラグが3.5mmステレオミニプラグ(4極)、マイクは全指向性エレクトレットコンデンサー型。ボディカラーはブラック、グレー、グリーン、ピンクの4色。リングサポーター(S/M/L 3サイズ各2)、キャリングポーチが付属する。

直販価格は6,880円(税別)。

価格.com 新製品ニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング