シャープ、スマートスピーカーで献立相談できる「ヘルシオ AX-XW500/AW500」など3機種

価格.com 新製品ニュース / 2018年5月17日 17時20分

写真

AX-XW500

シャープは、ウォーターオーブン「ヘルシオ」の新モデルとして、「AX-XW500」「AX-AW500」「AX-AS500」の3機種を発表。6月14日より発売する。

いずれも、食材の温度帯、分量に関係なく、火加減や調理時間を自動で調節する「まかせて調理」を搭載したモデル。それぞれの分量が多くても少なくても、さらにレシピ通りの食材でなくても、好きな食材を、好きな分量だけ角皿にのせて、「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」の4つの調理法を選ぶだけで自動で調理される。

また、「AX-XW500」「AX-AW500」は、AIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に対応し、本体やスマートスピーカーで音声対話による操作や献立相談が可能だ。スマートスピーカーを使用することで、ハンズフリーでのメニュー設定や、キッチンから離れた場所での献立相談が行える。

■「AX-XW500」

「AX-XW500」は、総庫内容量30L(2段調理)を採用したモデル。上段で「まかせて調理」でおかず作りをしながら、下段でお惣菜のあたためが可能になっており、同時調理を実現。さらに、高温と低温を組み合わせた新しい調理方法「あぶり豊潤焼き」が追加されている。

機能面では、まかせて調理、こだわり火加減メニュー、無線LAN、スマートスピーカーに対応。4.3型カラータッチパネル液晶を搭載する。

本体サイズは490(幅)×420(高さ)×430(奥行)mm。重量は約25kg。ボディカラーは、レッド系とホワイト系の2色を用意する。

価格はオープン。

■「AX-AW500」

「AX-AW500」は、総庫内容量26L(1段調理)を採用したモデル。機能面では、まかせて調理、無線LAN、スマートスピーカーに対応。4.3型カラータッチパネル液晶を搭載する。

本体サイズは490(幅)×385(高さ)×435(奥行)mm。重量は約21kg。ボディカラーは、レッド系とホワイト系の2色を用意する。

価格はオープン。

■「AX-AS500」

「AX-AS500」は、総庫内容量26L(1段調理)を採用したモデル。機能面では、まかせて調理に対応。3.5型ホワイトバックライト液晶を搭載する。

本体サイズは490(幅)×385(高さ)×435(奥行)mm。重量は約21kg。ボディカラーは、レッド系とホワイト系の2色を用意する。

価格はオープン。

価格.com 新製品ニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング