ハイセンス、レグザエンジンNEO plusを搭載したBS/CS 4K対応の4K液晶テレビ

価格.com 新製品ニュース / 2019年2月19日 16時33分

写真

65U7E

ハイセンスジャパンは、BS/CS 4Kチューナーを内蔵した4K液晶テレビ「U7E」シリーズを発表。65V型モデル「65U7E」と55V型モデル「55U7E」をラインアップし、3月中旬より発売する。

BS/CS 4Kチューナーを内蔵した4K液晶テレビ。映像エンジン「レグザエンジンNEO plus」を搭載し、BS・110度CSの4K放送にノイズ処理・高画質処理を行ったり、地上デジタル放送を3段階の高画質処理で4K画質にアップコンバートしたりすることが可能だ。

また、HDR規格はHDR10とHLGに対応。チューナー数は、BS 4K/110度CS 4K×1、地上/BS/110度CS×3。USB HDDによる録画にも対応する。

このほか、VAパネルを採用。4基のHDMI入力端子を装備する。

65V型モデル「65U7E」の本体サイズは145(幅)×92.4(高さ)×35.4(奥行)cm(スタンド含む)。重量は30kg(スタンド含む)。

55V型モデル「55U7E」の本体サイズは123(幅)×78.6(高さ)×26.2(奥行)cm(スタンド含む)。重量は20.6kg(スタンド含む)。

市場想定価格は、65V型モデル「65U7E」が180,000円前後、55V型モデル「55U7E」が150,000円前後(いずれも税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング