恵安、HDRに対応した28型4K液晶ディスプレイ「KWIN28」

価格.com 新製品ニュース / 2019年4月19日 6時15分

写真

KWIN28

恵安は、28型4K液晶ディスプレイ「KWIN28」を発表。4月20日より発売する。

3840×2160ドットの4K解像度を採用したモデル。画質面では、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しており、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)よりも、圧倒的な鮮明さと緻密さ、シャープさを表現することが可能だ。

また、マルチウインドウ表示機能を搭載。PIP(ピクチャーインピクチャー)とPBP(ピクチャーバイピクチャー)機能により、複数の映像入力を、1つの画面に同時表示が行える。

さらに、目への負担を軽減するブルーライト軽減機能や、画面のちらつきを抑えるフリッカーフリー設計を採用。FreeSync機能に対応しており、対応GPUを使用することで、ちらつきやカクつきを抑えた安定した映像を表示できる。

主な仕様は、解像度が3840×2160ドット、最大輝度が300カンデラ、コントラスト比が1000:1、視野角が上下170度/左右160度、応答速度が5ms(応答速度モードON時2ms)。

ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.2a×1、HDMI 2.0×1、HDMI 1.4×2を装備。5W+5W出力のステレオスピーカーを内蔵する。

このほか、本体サイズは655(幅)×455(高さ)×240(奥行)mm(スタンド含む)。重量は5.3kg(スタンド含む)。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング