東芝、「ステレオスピーカー付き充電台」が付属するFM/AMポータブルラジオ

価格.com 新製品ニュース / 2019年5月21日 6時50分

写真

「TY-SPR8」

東芝エルイートレーディングは、ステレオスピーカー付き充電台を付属した、FM/AM対応ポータブルラジオ 「TY-SPR8」を発売した。

付属の充電台には、4cm径のステレオスピーカーと、出力400mW×2chのアンプを搭載。ラジオ本体を充電台に差し込めば、切り替え操作なしでステレオ放送を楽しめる。充電台のサイズは100(幅)×50(高さ)×60(奥行)mm(突起物含まず)、重量が135g。

これに加えて、高音質メタルハウジングを採用したステレオイヤホンも同梱。音量調整リモコン付きで、ラジオ本体をポケットに入れたまま、手元で音量調節ができる。

ラジオ本体には、放送局名を確認できる大型液晶画面と、LEDライトを採用。さらに、地域設定、お好み選局ボタン(FM/AM4曲)、自動補正機能付きデジタルクロックなどの機能も備えた。

本体サイズは56(幅)×95(高さ)×13(奥行)mm(突起物含まず)、重量が約64g(乾電池含まず)。3cm径のスピーカー(8Ω)×1を内蔵し、実用最大出力は80mW。電源は単4形乾電池×2を使用。電池持続時間(東芝アルカリ乾電池使用時)は、イヤホン使用時がAM受信で約40時間、FM受信で約32時間、内蔵スピーカー使用時がAM受信で約35時間、FM受信で約30時間。

このほか、イヤーピース(S/M/L)、FMアンテナケーブル、単4形充電式ニッケル水素電池2本、ACアダプタ(AC-SPR7)が付属する。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング