FiiO、2.5/4.4mmバランス出力端子を搭載したハイレゾプレーヤー「M11」

価格.com 新製品ニュース / 2019年6月11日 6時11分

写真

M11

エミライは、FiiO製ポータブルデジタルオーディオプレーヤー「M11」の取り扱いを開始。6月21日より発売する。

FiiOのポータブルデジタルオーディオプレーヤー「X5 3rd」の後継機種で、「M」シリーズの中核となるモデル。旭化成エレクトロニクス製DACチップ「AK4493EQ」を2基、左右独立構成で搭載し、低ノイズ・低歪と高出力を両立する。

また、ハイレゾ音源の再生が可能で、32bit/384kHzまでのPCMデータの再生や、11.2MHzのDSDデータのネイティブ再生に対応。3.5mmシングルエンド出力端子に加え、2.5/4.4mmバランス出力端子も備えたバランス出力専用回路も搭載する。

OSは、自社開発アプリ「FiiO Music」を搭載するカスタマイズしたAndroid OSを採用する。

主な仕様は、ディスプレイが5.15型液晶(1440×720ドット)、プロセッサーが「Exynos 7872」、ストレージが25GB。外部メモリーはMicro SDカード×2(最大4TB)に対応する。

Bluetoothのバージョンは4.2で、対応コーデックがLDAC/aptX/aptX HD/HWA(LHDC)/SBC。Bluetooth送受信機能を搭載しており、レシーバー/トランスミッターとしても使用可能だ。

バッテリー容量は3800mAh。バッテリー駆動時間は、3.5mmヘッドホン出力時が13時間、2.5/4.4mmバランス出力時が9時間。

このほか、本体サイズは70.5(幅)×130(高さ)×15.5(奥行)mm。重量は約211g。ボディカラーはブラック。

価格は61,666円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング