オリンパス、水中撮影などを強化したタフネスコンデジ「Tough TG-6」

価格.com 新製品ニュース / 2019年6月13日 11時25分

写真

「Tough TG-6」

オリンパスは、タフネスコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-6」を発表。7月下旬より発売すると発表した。

高いタフ性能を備えた「Tough シリーズ」の最新モデル。防水性能15m、防塵、耐衝撃2.1m、耐荷重100kgf、耐低温マイナス10度に対応するほか、撮影レンズ前面は、保護ガラスのダブルガラス化による高い耐結露性を備える。

撮影面では、開放F2.0の明るい高性能ズームレンズや、高感度性能にすぐれたHi-speed 裏面照射型CMOSイメージセンサーを装備。イメージセンサー上にあるシールガラス両面には、新たに反射防止のARコートを施し、ゴーストやフレアの発生をおさえるという。

また、画像処理エンジンには、同社の「OLYMPUS OM-D E-M1X」にも搭載している「TruePic VIII」を採用。ノイズレベルの改善や、コントラストが低い部分での解像感を向上させた。加えて、RAWデータでの記録に対応し、画像編集ソフトウェア「Olympus Workspace」を使った編集なども可能だ。

機能面では、レンズ先端から最短1cmまで近づけ、最大撮影倍率7倍(35mm判換算)に対応する、4種類のマクロモード(顕微鏡モード、顕微鏡コントロールモード、深度合成モード 、フォーカスブラケットモード)を備えたバリアブルマクロシステムを搭載。また、通常撮影で使うP/Aモードでも、最短1cmまでの近接撮影が可能になったため、よりフレキシブルに使用できるとのことだ。

水中撮影では、「水中ワイド」「水中スナップ」「水中マクロ」「水中顕微鏡」「水中 HDR」といった5つの水中撮影モードを装備。それぞれの状況に応じて、最適な撮影設定に切り替わる。また、水中ホワイトバランスが3種類に進化し、水深に応じて、より適切な色調を得られるという。

このほか、各センサーが取得したトラッキング情報をスマートフォンアプリ上で映像とともにリアルに楽しめる「フィールドセンサーシステム」、シャッター全押しの0.5秒前から10コマ/秒の連写撮影を行う「プロキャプチャーモード」、静止画への日付写しこみ機能なども搭載する。

主な仕様は、撮像素子が有効1200万画素の1/2.33型Hi-speed裏面照射型CMOSセンサー、モニターが3.0型液晶(約104万ドット)。外部記録媒体はSD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応。バッテリーはリチウムイオン充電池「LI-92B」を使用し、撮影可能枚数が約340枚。動画撮影は3840×2160/30pでの撮影をサポート。フルHDサイズで120fps、HDサイズで240fps、SDサイズで480fpsの「ハイスピードムービー」も撮影可能だ。

本体サイズは113(幅)×66(高さ)×32.4(奥行)mm(突起部含まず)、重量は約253(付属充電池およびメモリーカード含む)。ボディカラーは、レッド、ブラックを用意する。

市場想定価格は税別53,000円前後。

このほか、別売りの対応アクセサリーも7月下旬より発売する。価格は、フィッシュアイコンバーター「FCON-T02」が税別23,750円、レンズバリア「LB-T01」が税別5,125円、シリコンジャケット「CSCH-127」が税別4,625円、防水プロテクター「PT-059」がオープン、リチウムイオン充電器「UC-92」が税別7,750円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング