東芝、液晶テレビ「レグザ S22」に40V型モデルを追加

価格.com 新製品ニュース / 2019年6月13日 12時7分

写真

40S22

東芝映像ソリューションは、液晶テレビ「レグザ S22」シリーズにおいて、40V型モデル「40S22」を追加。6月下旬より発売する。

直下型LEDバックライトを搭載し、フルHD解像度(1920×1080ドット)に対応したモデル。高画質映像処理エンジン「レグザエンジンファイン」を搭載し、残像低減、階調・質感・色彩表現に富んだ映像処理を行うほか、番組表を高速起動するなど、快適なテレビ視聴・操作を実現する。

また、地上/BS・110度CSデジタル放送用チューナーを2基搭載。別売のUSB HDDを接続することで、番組を録画中でもほかのチャンネルの番組を視聴できる「2チューナーウラ録」に対応する。

さらに、ゲーム操作時に感じる映像の遅れを短縮し、遅延時間約18.33msecを実現した「ゲームダイレクト」や、テレビのリモコンで外部機器を操作する「レグザリンク・コントローラ」を搭載する。

このほか、2系統のHDMI入力端子を装備する。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング