B&O Play、完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8 2.0」に新色モデル「Pink」

価格.com 新製品ニュース / 2019年6月14日 6時35分

写真

「Beoplay E8 2.0 [Pink]」

完実電気は、「B&O Play」ブランドより完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8 2.0」の新色モデル「Pink(ピンク)」を発表。6月20日から発売開始する。

初代モデルでも限定カラーとして販売していたピンクを、定番カラーとして取り扱う。既存カラーのライムストーンとは異なる、淡い色感が特徴だ。

主な特徴として、BANG & OLUFSENのエンジニアがチューニングした、独自設計の5.7mmダイナミックドライバーを搭載。イヤホン本体は、IP54相当の防塵・防滴性能を装備。汗や水に強いラバーとポリマー素材を使用した。充電ケースは、独自に改良した最高級レザーを施した。

機能面では、指先でイヤホン本体をタッチし、再生/停止、音量調整、曲送り/曲戻し、通話などのコントロールが行える。イヤホンを付けたまま周囲の音を聞ける「Transparency Mode」機能も搭載した。

イヤホンは、最大4時間の再生に対応。充電ケースを使って、最大3回充電できる。さらに、20分の充電で、約1時間の再生に対応するという。加えて、充電ケースは「Qi(チー)」に準拠し、対応ワイヤレス充電器を使った充電が可能だ。

このほか主な仕様は、Bluetoothのバージョンが4.2、対応コーデックがAACをサポート。周波数特性が20Hz~20000Hz。

イヤホンの本体サイズは23(幅)×20(高さ)×25(奥行)mm、重量は約7g(右側)、約6g(左側)。充電ケースの本体サイズは69(幅)×46.5(高さ)×34(奥行)mm、重量は約55g。

直販価格は38,000円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング