2019年の夏も暑くなる!? 気軽に涼がとれる扇風機まとめ

価格.com 新製品ニュース / 2019年6月16日 7時0分

写真

2019年の夏も暑くなる!? 気軽に涼がとれる扇風機まとめ

2019年の夏は暑くなるのだろうか。先月は、北海道・佐呂間町で5月の観測史上最高となる39.5度を記録するなど、日本全体が急激な暑さに襲われた。北海道ではエアコンの普及率が低く、急な暑さしのぎに扇風機が活躍したようだ。

そこで、今回のまとめ記事では、気軽に涼がとれる扇風機を紹介する。扇風機の種類もさまざまで、通常のリビングタイプ、外でも使用できるハンディタイプ、机の上で使う卓上タイプ、サーキュレーター、羽根なしタイプなどがある。

10記事をまとめており、高機能なモデルを選んだり、用途によって機種を使い分けたり、機種選びの参考にしてほしい(※2019年6月16日時点。リンク先はすべて記事公開時の情報)。

■アイリスオーヤマ、微風からパワフルな送風まで対応した「サーキュレーター扇風機」

サーキュレーターと扇風機のいいとこどりをした「サーキュレーター扇風機」。風量を細かく調整可能なDCモーターを採用し、微風から、到達距離31mとパワフルな送風まで対応するほか、「衣類乾燥モード」を搭載する。

■YAMAZEN、音声ガイダンスに対応した2019年モデルの扇風機など3機種

山善の2019年モデルは、16枚羽根ツインブレードを採用したモデルや、モバイルバッテリーとしても使用可能なハンディファン、ボタンを押すと「電源が入りました」という音声ガイダンスが流れるモデルをラインアップしている。

■シャープ、「トリプル・ネイチャーウイング」採用のプラズマクラスター扇風機6種

シャープの扇風機は、独自のプラズマクラスターイオンによる効果で、風を長く浴びた時に感じる「だるさ感」を抑制したり、部屋干し衣類の生乾き臭や衣類などに付着した料理臭、汗臭、タバコ臭、30~40代特有の体臭を「スポット消臭」できる。

■リズム時計工業、カラビナ付きモバイルファン「シルキーウインドモバイル」

持ち運びに特化し、小型・軽量を採用したモバイルファン。風量を確保するために独自の「2重反転ファン」を搭載しており、コンパクトながらも大風量を実現。ベルトループなどにひっかけて持ち運びができる「カラビナ」が付属する。

■ナカバヤシ、ハンディタイプやマグネットタイプなどUSB扇風機3機種

パソコンを使用するデスク回りで使いやすい、USBから電源をとるタイプのミニ扇風機。充電式を採用したハンディタイプ、底面に強力なマグネットを搭載したタイプ、キノコのようなユニークな形状を採用した静音タイプの3機種をラインアップしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング