188万円、最大11Kの動画撮影に対応した360度カメラ「Insta360 Titan」

価格.com 新製品ニュース / 2019年6月26日 11時45分

写真

Insta360 Titan

Insta360は、360度カメラ「Insta360 Titan」の出荷を6月26日より開始した。

「映画基準」の仕様を採用したという360度カメラ。8基のマイクロフォーサーズセンサーを装備し、11K 2D@30fps(10560×5280)および10K 3D@30fps(9600×9600)の動画撮影に対応。7680×7680@50fps、7680×3840@60fps、5248×2624@120fpsもサポートする。

また、10bitカラー撮影に対応。「8bitカラーよりもグラデーションがなめらかになり、編集でよく現れるトーンジャンプを解消し、VR創作の可能性がより広がる」と同社では説明する。さらに、「ジンバル並みの安定した画面をとらえる」という「FlowState手ブレ補正機能」も搭載した。

このほか主な仕様は、レンズが200度魚眼レンズ(F3.2)×8を装備。外部記録媒体はSDカード9枚に対応。バッテリー容量は10000mAh。本体サイズは直径228mm。

価格は1,880,000円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング