リコー、新デザイン採用の「HD PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」

価格.com 新製品ニュース / 2019年7月9日 10時55分

写真

リコーおよびリコーイメージングは、デジタル一眼カメラ用交換ズームレンズ「HD PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED」を発表。7月26日より発売する。

魚眼から超広角までを1本でカバーする、ズームレンズ。現行の「smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED(IF)」をベースに、最新の高性能マルチコーティング「HDコーティング」を施したほか、レンズコーティング全体を再設計し、逆光撮影時のゴーストやフレアーの発生を抑え、ヌケのよい描写を実現するという。

さらに、Kシリーズデジタル一眼カメラとのデザインマッチングを高めるという、新デザインを採用。新たにフードの取り外しを可能としたことで、「PENTAX K-1」「PENTAX K-1 Mark II」装着時に、円形に近い構図で魚眼撮影を楽しめるとのことだ(フードなし、クロップ機能「FF」で撮影した場合。レンズイメージサークル外の撮影となるため、周辺部の像性能低下やケラレが発生する場合がある)。

このほか主な仕様は、焦点距離が10~17mm、開放絞りがF3.5~4.5、最小絞りがF22~32、レンズ構成が8群10枚、画角(対角)が180~100度(ペンタックス APS-C一眼レフカメラ装着時)、マウントタイプがKAF、最短撮影距離が0.14m、最大撮影倍率が0.39倍、光量調節方式が完全自動絞り、絞り羽根枚数が6枚。

本体サイズは67.5(最大径)×70(長さ)mm、重量は約317g(フード付:約323g)。レンズフード「PH-RBA60」、レンズキャップ「O-LW70A」、レンズケース「S80-120」が付属する。

価格は78,000円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング