キヤノン、ポップアップ式EVF採用で小型化した「PowerShot G5 X Mark II」

価格.com 新製品ニュース / 2019年7月9日 12時15分

写真

「PowerShot G5 X Mark II」

キヤノンは、プレミアムコンパクトカメラ「Gシリーズ」の新モデルとして、ポップアップ式のEVF(電子ビューファインダー)を採用した「PowerShot G5 X Mark II」を発表。8月上旬より発売する。

「PowerShot G5 X Mark II」は、内蔵EVFとバリアングル液晶モニターを備えた「PowerShot G5 X」(2015年10月発売)のリニューアルモデルと位置づける機種。ポップアップ式のEVF(0.39型、約236万ドット)を採用することで、コンパクトなサイズを実現した点が特徴だ。

撮影面では、有効約2010万画素で1型の積層型CMOSセンサーを装備。映像エンジン「DIGIC 8」との組み合わせによって、動画と高速連写の性能が向上したという。レンズは、新設計の大口径で明るい光学5倍ズームレンズ(35mmフィルム換算:24-120mm相当/F1.8-F2.8)を採用した。撮影機能では、最大約30.0コマ/秒(RAWバーストモード時、AF固定で最大約70コマ[プリ撮影を含む]撮影可能)の高速連写にも対応する。

さらに、キヤノンのコンパクトデジタルカメラとして初めてという、クロップのない4K動画撮影に対応する(4K[30p/25p]、自動水平補正OFF、手ブレ補正設定OFF時。ハイフレームレート動画の場合、フルHD[120p/100p]。同時発表の「PowerShot G7 X MarkIII」も同様に実現)。

このほか、背面には、タッチパネル対応の3型液晶モニター(約104万ドット)を装備。外部記録媒体は、SD/SDHC/SDXCメモリーカードをサポート。動画撮影は、3840×2160(29.97fps:約120Mbps)に対応する。

電源は、専用リチウムイオン充電池「NB-13L」を使用。撮影可能枚数(フル充電NB-13L使用の場合)は、約230枚(液晶モニター表示時)、約180枚(電子ビューファインダー表示時)、約320枚(エコモード、液晶モニター表示時)。

本体サイズは110.9(幅)×60.9(高さ)×46(奥行)mm、重量は約340g(バッテリーおよびメモリーカード含む)、約316g(本体のみ)。

キヤノンオンラインショップでの価格は105,000円(税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング