final、プロ向けのチューニングを施した平面磁界型ヘッドホン「D8000 Pro Edition」

価格.com 新製品ニュース / 2019年7月16日 6時11分

写真

D8000 Pro Edition

S’NEXTは、「final」ブランドより、平面磁界型ヘッドホン「D8000 Pro Edition」を発表。7月31日より発売する。

2017年11月発売のヘッドホン「D8000」は、平面磁界型の非常に軽量な振動板による繊細な高域と、量感と開放感のある低域を両立し、国内外で高い評価を得ているという。

今回の「D8000 Pro Edition」では、「D8000」の繊細な音質をそのままに、一般的なコンシューマーより大きめの音量で聴取したいという録音のプロからの要望を受け、「エアフィルムダンピングシステム(AFDS)」を録音のプロの使用状況に合わせて再チューニングを施している。

また、聴取音量が大きくなるにつれ、低域が聞こえやすくなるという人間の聴覚特性にも配慮した新たなチューニングの結果、ダイナミックレンジの広い「クラシック音楽」などの聴取を得意としていた「D8000」に対し、「D8000 Pro Edition」はダイナミックレンジの狭い「POPS」や「ロック」などを聴取する時に、より解像感が高いと感じられる音質になったという。

さらに、筐体はアルミマグネシウム合金を採用し、長期使用を考慮した、修理や将来のアップグレードを容易にする設計を実現。新開発のイヤーパッドは肌触りのよさと耐久性を重視して、肌に触れる部分に東レのウルトラスエードを採用する。

ケーブルは、OFCケーブル3.5mm/1.5mとOFCシルバーコートケーブル6.3mm/3mの2種類を同梱。持ち運びに便利な専用キャリーケースも付属する。

このほか、インピーダンスは60Ω。感度は98dB/mW。重量は523g。ボディカラーは、BLACKとSILVERの2色を用意する。

市場想定価格は438,000円。

なお、「D8000」のSILVERバージョン「D8000S」も同時に発売。市場想定価格は388,000円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング