ガラス越しの撮影時に“光の反射”を抑えるシリコン製レンズフード「ULH」など

価格.com 新製品ニュース / 2019年7月16日 16時0分

写真

ブルースカイ、ガラス越しの撮影時“光の反射”を抑えるレンズフード「ULH」など

ブルースカイは、レンズフード「ULH」を7月15日より、Amazon.co.jpで発売した。

同社は2018年12月、「ULH 魔法のレンズフード」のプロジェクトを国内クラウドファンディングで開始。同プロジェクトで支援者数約1500人、支援金額約1200万円を突破したとして今回、一般発売を開始したという。

具体的には、口径60~115mmの交換レンズに適したレンズフードとして展開。ガラス越しの撮影を行う際、ガラスに密着させて使用することで、光の反射をカットし、“光のうつり込み対策”として利用できるとのことだ。

素材は、柔軟性のある、厚手のシリコン製を採用。ガラスに押しつけた状態で撮影方向を変えられるほか、ガラスとの距離に合わせて伸縮できる。小さくたたんで収納することも可能。内側にひっくり返してカメラ本体にかぶせれば、プロテクターとしても使用できる。

このほか、コンパクトデジタルカメラや、口径31mm以上のスマートフォンの後付けレンズに対応する「ULH mini」も同時に発売する予定だ。

サイズおよび重量は、「ULH」が260(直径)×15.5(厚さ)mm、250g。「ULH mini」が131(直径)×10.5(厚さ)mm、60g。

Amazon.co.jpでの販売価格は各7,450円。なお、一般販売を記念して、公開から約2週間の間、購入時にクーポンコード「778YFYVA」を入力することで、1,000円オフで販売する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング