ニコン、丸みのあるデザインを採用した防水・耐衝撃コンデジ「COOLPIX W150」

価格.com 新製品ニュース / 2019年7月16日 13時18分

写真

「COOLPIX W150」

ニコンイメージングジャパンは、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX W150」を発表。8月2日より発売する。

水深10mまでの防水性能(IPX8相当)、防塵性能(IP6X相当)、1.8mの耐衝撃性能(MIL-STD-810G w/Change 1 Method 516.7-Shock準拠)、マイナス10度の耐寒性能を兼ね備えた、コンパクトデジタルカメラ。撮像素子は、有効1317万画素の1/3.1型原色CMOSセンサーを装備した。

また、光学3倍ズームのNIKKORレンズを搭載。ダイナミックファインズーム(最大画像サイズ設定時)を使用することで、電子ズーム領域でも解像感を保ったまま、6倍までのズームアップが可能だ。カメラが主要な被写体を予測して自動でピントを合わせる「ターゲットファインドAF」も備えた。

このほか、ボディは、丸みを持たせたホールド感の高い形状で、「子どもから大人まで、しっかりと握れる」という点が特徴。背面には、2.7型液晶モニター(約23万ドット)を装備した。動画記録は、1920×1080/約30fpsに対応。内蔵メモリーは約21MB。外部記録媒体はSD/SDHC/SDXCメモリーカードをサポートした。Wi-FiおよびBluetooth経由で「SnapBridge」に接続可能だ。

本体サイズは109.5(幅)×67(高さ)×38.(奥行)mm(突起部除く)、重量は約177g(電池、メモリーカード含む)。ボディカラーは、ブルー、ホワイト、リゾート、フラワー(数量限定)を用意する。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング