キヤノン、DisplayPort 1.2に対応したネイティブ4Kプロジェクター「4K6021Z」

価格.com 新製品ニュース / 2019年7月22日 15時10分

写真

4K6021Z

キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、ネイティブ4Kパネルを搭載した「4K6021Z」を発表。9月上旬より発売する。

ネイティブ4Kパネルを搭載した、レンズ交換式レーザー光源プロジェクター「4K6020Z」(2018年12月発売)の後継機種。世界最小・最軽量を実現した「4K6020Z」の筐体設計を継承し、「4K6020Z」と同じ世界最小・最軽量を実現しながら、インターフェイスを強化している。

インターフェイスでは、映像出力規格「DisplayPort 1.2」に対応した接続端子を新たに2つ搭載しており、豊富な色情報を持つRGB4:4:4(10bit)信号での4K/60P映像の投写を実現。デザインコンテンツやCAD図面用途など、緻密で高い階調表現の投写が可能だ。

また、レーザー光源システムによる6000ルーメンの高輝度と、LCOS方式のネイティブ4Kパネルを採用。4Kコンテンツの色鮮やかで明るい高精細な投写を実現している。

さらに、別売りの交換レンズに対応。同社製プロジェクター「4K5020Z」「WUX7000Z」と筐体を同等にした「共通プラットフォーム設計」を採用し、超短焦点から超望遠までの7本の交換レンズ(別売り)を使用できる。

主な仕様は、表示形式が反射型液晶パネル(LCOS)×3枚、解像度が4096×2160ドット、光源が青色レーザーダイオード+黄色蛍光体ホイール、明るさが6000ルーメン(標準)、コントラスト比が22000:1、画面サイズが40型~600型。

映像入力端子として、HDMI×2(音声入力含む)、DisplayPort×2(音声入力含む)、RJ-45×1(HDBaseT入力、音声入力含む)を装備する。

このほか、消費電力は625W。本体サイズは480(幅)×196(高さ)×545(奥行)mm(突起部含む)。重量は約19kg(投写レンズを含まない)。

価格はオープン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング