ハーマン、高級ファブリック素材のポータブルスピーカー「ONYX STUDIO 6」など

価格.com 新製品ニュース / 2019年8月30日 6時50分

写真

ONYX STUDIO 6

ハーマンインターナショナルは、「Harman Kardon」ブランドより、ポータブルBluetoothスピーカー3種を発表。「ONYX STUDIO 6」「ESQUIRE MINI 2」「NEO」をラインアップし、いずれも9月6日より発売する。

■ONYX STUDIO 6

ONYXシリーズ伝統のラウンド形状を踏襲した、ポータブルBluetoothスピーカー。高級ファブリック素材を使用し、大人向けのデザインに仕上げたという。

音質面では、25mm径ツイーターと120mmウーファーに加えて、パッシブラジエーターを搭載し、クリアで重厚なサウンドを再生できるとのこと。最大出力は50W。周波数特性は50Hz~20kHzだ。

このほか、Bluetoothのバージョンが4.2、対応プロファイルがA2DP、 AVRCPをサポート。IPX7相当の防水性能も装備する。連続使用時間は最大約8時間で、充電時間は約5時間だ。

本体サイズは291(幅)×284(高さ)×128(奥行)mm、重量は2940g(ケーブル含まず)。ボディカラーはブラック、グレー、ブルーの3色。AC電源アダプター×1、電源ケーブルが付属する。

SoftBank SELECTION オンラインショップでの価格は30,110円。

■ESQUIRE MINI 2

デュアルマイク&ノイズキャンセリング機能を搭載し、高品質なハンズフリー通話が行えるというポータブルBluetoothスピーカー。騒音が気になる環境での電話会議など、ビジネスシーンでの使用にも適しているとのことだ。

音質面では、独自のサウンドテクノロジーによって開発した、フルレンジスピーカーを採用。ユニットの大きさは、44.45mmに拡大した。また、従来モデル「ESQUIRE MINI」の27mm径と比べて、コーン面積が36%大きくなったことで、より豊かな低音を実現するという。最大出力は8W。周波数特性は130Hz~20kHzだ。

このほか、Bluetoothのバージョンが4.2、対応プロファイルがA2DP、 AVRCP、 HFPをサポート。バッテリー容量は2200mAhで、連続使用時間は最大約10時間、充電時間は約3時間。電力供給専用のUSBポートを使って、スマートフォン/タブレットを充電できる、モバイルバッテリー機能を搭載した。

本体サイズは140(幅)×75.2(高さ)×26.1(奥行)mm、重量は250.5g(ケーブル含まず)。ボディカラーはブラック、シルバー、ブルー、ブラウン、ローズゴールドの5色。充電用USB Type-Cケーブルとキャリングポーチが付属する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング