シャープ、「AQUOS zero2/sense3/sense3 plus」を19年冬モデルとして発売へ

価格.com 新製品ニュース / 2019年9月25日 12時30分

写真

AQUOS zero2

シャープは、2019年冬モデルのスマートフォンとして、「AQUOS zero2」「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 plus」をそれぞれ製品化すると発表した。

■AQUOS zero2(2019年冬発売予定)

新開発の約6.4型フルHD+有機ELディスプレイ(2340×1080ドット)を採用したモデル。描画回数は、同社従来機比(2018年度モデル「AQUOS zero」との比較)で2倍となる、毎秒120回に向上。残像低減のため各フレーム間に黒画面を挿入し、従来機比4倍の毎秒240回という高速表示に対応する。

主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 855 mobile platform」、メモリーが8GB、内蔵ストレージが256GB。カメラ機能は、背面が約1220万画素標準カメラ+約2010万画素広角カメラのデュアル構成を採用。前面のインカメラは約800万画素だ。OSは「Android 10」をプリインストールする。

このほか、顔認証、画面内指紋認証に対応。IPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を備える。おサイフケータイ、NFCにも対応した。本体サイズは74(幅)×158(高さ)×8.8(奥行)mm、重量は約143g。ボディカラーは、アストロブラック、ミスティホワイトを用意した。

■AQUOS sense3(2019年秋以降発売予定)

大容量4000mAhバッテリーとIGZO液晶ディスプレイの搭載によって、「1週間の電池持ちを実現する」というモデル。動画の場合、20時間以上の連続再生に対応するという(同社調べ)。ディスプレイは約5.5型で、解像度はフルHD+(2160×1080ドット)だ。

主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 630 mobile platform」、メモリーが4GB、内蔵ストレージが64GB。カメラ機能は、背面が約1200万画素標準カメラ+約1200万画素広角カメラのデュアル構成を採用。前面のインカメラは約800万画素だ。OSは「Android 9」をプリインストールする。

このほか、IPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を装備。おサイフケータイ、NFC、顔認証、指紋認証に対応した。本体サイズは70(幅)×147(高さ)×8.9(奥行)mm、重量は約167g。ボディカラーは、ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラックを用意した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング