エレコム、11ac無線LANギガビットルーターのエントリーモデル2機種

価格.com 新製品ニュース / 2019年9月27日 6時11分

写真

WRC-2533GS2

エレコムは、無線LANルーターのエントリーモデルとして「WRC-2533GS2」「WRC-1167GS2」の2機種を発表。「WRC-2533GS2」を9月下旬より、「WRC-1167GS2」を10月上旬より発売する。

いずれも、IEEE802.11a/b/g/n/acに対応したエントリーモデル。「らくらく引っ越し機能」を搭載しており、使用中のルーターと本機のWPSボタンを押すだけで、自動的に使用中のルーターの情報(SSID・パスワード)がコピーされ、設定が完了する。

また、回線が混雑しにくいIPv6(IPoE)インターネット接続に対応。アプリやCD-ROMを使わず、スマートフォンやパソコンからWebブラウザで簡単に設定ができる「かんたんセットアップ4」に対応する。

さらに、ハイパワー内蔵アンテナを搭載し、すっきりした見た目ながら快適な通信を実現。「デュアルコアCPU」「ビームフォーミングZ」など、高速で安定通信を可能にする機能を搭載した。

共通の仕様として、有線ポートは、ギガビットWAN×1、ギガビットLAN×4。本体サイズは142(幅)×185(高さ)×40(奥行)mm(突起物を除く)。重量は、「WRC-2533GS2」が約560g(本体のみ)、「WRC-1167GS2」が約350g(本体のみ)。

「WRC-2533GS2」は、11ac接続で最大1733Mbps、11n接続で最大800Mbpsに対応し、6人家族までの使用を想定したモデル。ボディカラーは、ブラックとホワイトの2色を用意する。価格は12,463円。

「WRC-1167GS2」は、11ac接続で最大867Mbps、11n接続で最大300Mbpsに対応し、4人家族までを想定したモデル。価格は8,305円。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング