きゃりーぱみゅぱみゅ「自分はどう考えてもアイドルじゃない」

太田出版ケトルニュース / 2013年5月20日 7時59分

太田出版ケトルニュース

2011年に初CDをリリースし、その後順調にステップアップを続けてきたきゃりーぱみゅぱみゅ。3月に発売された新曲『にんじゃりばんばん』も自己最高位となる初登場3位を記録し、今まさにノリにノッた状態の彼女だが、次なるステップとしてどのようなビジョンを描いているのだろう? 現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.107で、彼女はこう答えている。

「いや、それが、うーん……。なんかやっぱり、今この瞬間にやりたいことをやっていきたいなと思うんですよね。ただ、この2年間でいきなりたくさんの人に知ってもらって、歌もたくさんリリースしたけど、それがこのまま一過性のブームみたいには絶対になりたくないんです。ちゃんと、アーティストとしてやっていきたいな思うんですよ」

具体的には、「ファッションも含め、音楽も含め、自分がやりたいことをそのまま表に出して行きたい」と夢を語るきゃりー。『TV Bros』で連載しているタイトルの「あたしアイドルじゃねぇし!!」からも分かるように、「アイドルではない」ということには、強いこだわりがあるという。

「アイドルが嫌いなわけじゃないですけど、自分はどう考えてもアイドルじゃねーじゃねーかよ、って思う部分がやっぱり多いですし。私を見てアイドルとか言ってる人って、私のこと知らなすぎるぞって思うんです」

そうは言いつつも、「でもやっぱり、ああいうフリフリのお洋服を着て笑顔で歌って踊ってるので、やってることは一見変わらないのかな」と語るきゃりーだが、“あやつり人形”的な見方をされることには、強い抵抗がある模様。こうした見方については、「『きゃりーぱみゅぱみゅ像』を裏で大人たちが作ってて、完全にプロデュースされたものを20歳の女の子がやっていると思われることはすごく多いです」と述べ、

「全部が全部、自分でやってる訳じゃないし、周りの人に助けられながらですけど、ちゃんとね、こう、自分の力でやっとるのに、って思います」

と、強く反発している。

◆『クイック・ジャパン』vol.107(2013年4月12日発売/太田出版)

【関連リンク】
『クイック・ジャパン』vol.107

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング