成人式で旧友と再会したももクロ高城 友人から「いちばん大人」評

太田出版ケトルニュース / 2014年2月24日 8時36分

太田出版ケトルニュース

ももいろクローバーZの最年長メンバー・高城れにが昨年6月に20歳の誕生日を迎え、大人の仲間入りを果たした。20歳といえば、成人式という重大イベントがあるが、今や有名人となった彼女は、成人式をどのように迎えたのだろう? 2月12日発売の『クイック・ジャパン』vol.112で、彼女はこのように語っている。

「周りに迷惑をかけるかもしれないので、成人式自体には出席しなかったんですよ。ただ、着付けしてもらって、家族で写真を撮って、それから成人式を迎えた昔からのお友達と会いました。同窓会みたいな感じ」

小学校時代の友達とは6、7年間会っていなかったものの、まったく距離を感じなかったと語る高城。友達からは、「いちばん大人だ」「姉さん!」などと言われたそうだが、彼女自身内面的な成長を感じているのだろうか?

「いちばん変わったのは、人の相談を、自分のことのように考えられるようになったことかな。前は相談されても、それを聞いてあげることぐらいしかできなかった。私が味わったことのない悩みってあるじゃないですか? だから、自分がその人になったような気持ちになれなかったんだけど、今はなんだろう、人の痛みがわかるようになったのかな? 相談してくれた人のことを、自分に置き換えて考えられるようになったし、考えやすくなった」

さらに「自分とはなにか? と聞かれたときに『どの自分も本物だ!』って思えるようになった」と、自らの成長について語る高城。最近では、「ちょっと心に余裕が持てるようになった」「自分の行動に後悔しなくなったかな」と感じているそうで、友人から「大人だ」「姉さん」と言われた理由は、そのあたりにありそうだ。

◆『クイック・ジャパン』vol.112(2014年2月12日発売/太田出版)

【関連リンク】
『クイック・ジャパン』vol.112

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング