六本木の街が舞台のアートの祭典 今年のテーマは「動け、カラダ!」

太田出版ケトルニュース / 2014年4月10日 10時46分

太田出版ケトルニュース

4月19日(土)と20日(日)の2日間、東京・六本木の街を舞台としたアートの祭典『六本木アートナイト2014』が開催される。

2009年より開催されている「六本木アートナイト」は、美術館をはじめとする文化施設、大型複合施設、商店街などが集まる六本木の街全域で催される一夜限りのアートの饗宴。アーティスティックディレクターに日比野克彦氏を迎え、アート展示、音楽、パフォーマンス、トークなどのイベントが開催されるほか、美術館の開館時間延長や入場料割引、様々なショップでのサービスなどが実施される。

今年度は、「動け、カラダ!」をテーマにアートの持つ身体性に目を向け、アート作品の展示はもちろん、参加型パレードや体験型アート、パフォーマンス、フードプログラムなどのコンテンツが街中に登場。ダンスパフォーマンスを取り入れたパレード、音楽パフォーマンス、アーティストとの対話イベント、ワークショップ、サッカー大会など、カラダを使った展示やイベントが多数用意されている。

『六本木アートナイト2014』は、六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、 21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街ほか、六本木地区の協力施設や公共スペースなどにて開催。イベント期間は2014年4月19日(土)10:00~4月20日(日)18:00まで(コアタイムは19日の18:17(日没)~20日の5:03(日の出)まで)。入場料は無料(一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
六本木アートナイト2014

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング