テクノに合わせてうどんを踏む謎のイベント「テクノうどん」 7月に再び開催

太田出版ケトルニュース / 2014年6月5日 8時49分

太田出版ケトルニュース

7月6日(日)、テクノに合わせてうどんを踏むクラブイベント『第4回 テクノうどん』が、東京・青山の「CAY」にて開催される。

「テクノうどん」は、沖縄のバンド「おそるべき」のメンバーが考案した、テクノを聞きながら踊る代わりにうどんを踏むイベント。音楽を聞きながらダンスを踊るクラブが風営法違反により摘発を受ける例が続く状況のなか、「あくまでも踊るのではなく、うどんを踏んでいる」というスタンスで、風営法のダンス規制を考えるイベントとなっている。

昨年12月以来の開催となる今回のテクノうどんは、真鍋大度、w+k tokyo/tomatoの長谷川踏太、MAJOR FORCE、プラスチックス、MELONなどで活躍の中西俊夫、藤崎ルキノ、モデル・DJの野本かりあらが出演。テクノミュージックとシコシコうどんとの至高のコラボが、青山で実現する。

『第4回 テクノうどん』は2014年7月6日(日)、CAY(港区南青山 5-6-23 SPIRAL B1)にて開催。昼の部:7:00~14:00、夜の部: 17:00~23:00。チケットは前売り 2,500円(うどん付き)+1ドリンク、当日3000円(うどん付き)+1ドリンク。(文中敬称略)

【関連リンク】
テクノうどん 公式サイト
第4回 テクノうどん@CAY-peatix

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング