渋谷Bunkamura恒例の『万華鏡展』 世界の逸品が登場

太田出版ケトルニュース / 2014年9月8日 10時1分

太田出版ケトルニュース

9月12日(金)より、東京・渋谷の「渋谷Bunkamura」にて、『万華鏡展-新しい光の世界、夢想へのいざない-』が開催される。

同展は、Bunkamura Galleryが毎年開催し、好評を博している万華鏡の展覧会。今回は、アメリカの万華鏡コンベンションで最優秀賞を受賞したスティーブン・グレイによる受賞作「ファントム」が日本初公開されるほか、国内のトップ万華鏡アーティストらの新作の展示、さらに特別販売などが実施される。

さらに今回は初の試みとして、人気万華鏡作家によるテーマ別の特集を実施。「虹」「花火」「青の世界」の万華鏡に共通している色やイメージをテーマにした作品が展示・販売されるほか、2011年に国際万華鏡協会最優秀賞を受賞した横井日出昭による「デジタル動画花火の万華鏡」、からくり造形のおもしろ万華鏡、アクセサリー万華鏡など、彩り豊かなさまざまな万華鏡が紹介される。

『万華鏡展-新しい光の世界、夢想へのいざない-』は、2014年9月12日(金)~9月23日(火・祝)まで、渋谷Bunkamura内の「Bunkamura Gallery」(渋谷区道玄坂2-24-1 渋谷駅徒歩7分)にて開催。開館時間は10:00~19:30。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです

【関連リンク】
万華鏡展-新しい光の世界、夢想へのいざない--渋谷Bunkamura

太田出版ケトルニュース

トピックスRSS

ランキング