グラドル篠崎愛 「やっぱり痩せた方がいいのかなと思うこともある」

太田出版ケトルニュース / 2014年11月19日 9時43分

太田出版ケトルニュース

14歳でグラビアデビューし、2011年からはアイドルグループAeLL(2014年9月に解散)としても活躍した篠崎愛は、大のご飯好きとしてファンの間では有名で、ツイッターにアップする写真は食べ物ばかりだ。中でも大好物はお肉で、「毎日お肉食べたい」と公言している彼女。現在発売中の『クイック・ジャパン』vol.116で、篠崎は「ひとり焼き肉」についてのこだわりを、このように語っている。

「誰かと一緒だと、お肉焼いてあげた方がいいかな? とか考えちゃうじゃないですか。でも1人なら自分のペースで食べられて楽なんです。それに周りのお客さんもみんな目の前のお肉に夢中で、誰も気にしてないですよ」

そんな彼女だから、ファンから頂くプレゼントの多くが叙々苑(高級焼肉チェーン)の割引券。「これが一番テンションあがる」と、財布の中には常に割引券がストックされているそうだが、食事制限などは行っていないのだろうか?

「仕事柄、やっぱり痩せたほうがいいのかなと思うこともあるんです。特に10代のころはすごく気にしてた。今も撮影が決まると3日前から量を減らすんですけど、でも前日になると気合が入っていっぱい食べちゃうんですよねぇ(笑)。痩せるために運動するのもあまりすきじゃないし、むしろ食べないとストレスで太っちゃう」

篠崎はそう語るものの、彼女の健康的なグラビアが、男性陣から圧倒的な支持を集めているのは紛れもない事実。篠崎は、

「健康的って言ってもらえるのはうれしいですね。でも別にそれを目指しているわけじゃなくて、ただ我慢ができないだけ。あと、本当はみなさんが思ってるほど太ってないはずですよ? 『意外と細いね』ってよく言われるし、テレビに移ると膨張して見えるっていうじゃないですか(笑)」

と、述べている。

◆『クイック・ジャパン』vol.116(2014年10月14日発売/太田出版)

【関連リンク】
『クイック・ジャパン』vol.116

太田出版ケトルニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング