F-35はブタ? “プロフェッショナル・ナード”丸屋九兵衛が戦闘機を語る

太田出版ケトルニュース / 2019年7月12日 12時47分

丸屋九兵衛が語った今回のテーマは「戦闘機」

黒人音楽専門ウェブサイト『bmr』の主にして特殊系音楽評論家、歴史コメンテイターなど様々な顔を持つ“プロフェッショナル・ナード”丸屋九兵衛が恒例のトークライブ『Q-B-CONTINUED』を開催した。

今回でなんと28回目を数える長寿イベント『Q-B-CONTINUED』のこの日のテーマは、日本政府のF-35の105機「爆買い」問題などで世間の注目が集まっている「戦闘機」。学生時代に傭兵パイロットを描いた新谷かおるの名作コミック『エリア88』を愛するオタク教師に洗脳されて以来、戦闘機マニアの道をひた走ってきた丸屋が、カラス研究で知られる鳥類学者であり、同じく戦闘機オタクの松原始(まつばら・はじめ)をゲストに迎え、濃厚な戦闘機トークを繰り広げた。

そもそも二人の出会いは、某ウェブ媒体が企画した丸屋によるネコ語り企画。その取材場所となった某博物館の案内人として登場したのが松原だったのだとか。二人の出会いは奇跡的な邂逅というべきものだったようで、またたくまに戦闘機をはじめとするオタクトークで意気投合し、今回の対談が執り行われることになった。

久々に“濃い”オタク話ができる盟友とめぐりあった丸屋。今回のトークショーへの意気込みは半端ではなく、いつもは黒く艶めくジェリーカール・ヘアーを戦闘機に使われる「ダズル迷彩」に染め上げて登場。のっけから松原と戦闘機と北欧神話を絡めた濃厚トークを展開し、会場を若干困惑させつつトークショーへと雪崩込んでいった。

◆ネコ、おばけ…米軍の軍用機の形式番号には様々な法則がある?

我々一般人は「F-15E」と戦闘機の正式名称を言われても、単なる記号の羅列にしか感じられない。しかしとりわけ米軍の軍用機には、比較的わかりやすい命名規則が用いられている。

たとえば攻撃機は“Attack(攻撃)”の“A”、爆撃機は“Bomber(爆撃機)”の“B”、偵察機は“Reconnaissance(偵察)”の“R”、そして戦闘機は“Fighter(ファイター)”の“F”の後に、任務ごとに割り振られる数字の設計番号がつけられ、同型で異なるバージョンの航空機が作られた場合はその後に “A”から始まる<シリーズ記号>がつけられる事が多い。ちなみに実験機は「X」、試作機は「Y」で始まったりすることを付記しておこう。形式番号には、その軍用機についての情報が少なからず詰め込まれているのだ。

また米軍の戦闘機には「トムキャット」や「ファントム」など、モデルごとに愛称がついていることはなんとなくご存知のはず。この愛称にもちょっとした法則がある。実はグラマン社は「F6F ヘルキャット」「F9F パンサー / クーガー」「XF10F ジャガー」「F-11 タイガー」「F-14 トムキャット」といった具合にネコ科生物の名前、さらにマクドネル・ダグラス社(※厳密には前身となるマクドネル・エアクラフト社)は「 FH-1 ファントム」「 F2H バンシー(※鳴き声で死を伝える女妖精)」「F3H デーモン」「XF-85 ゴブリン」「F-101 ブードゥー」など、怪奇系の愛称をつける法則があったという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング