いつでもこっそり!骨盤底筋エクササイズで美ボディをGET!

楽天キレイドナビ / 2016年8月15日 8時0分

写真

女性にとって重要な器官である子宮、膣。その下を恥骨から肛門にかけて支えている筋肉に「骨盤底筋」という筋肉があります。普段あまり意識することはありませんが、実はここの筋肉が女子力とぽっこりお腹に関係していたのです。

骨盤まわりの筋肉はとても重要!

骨盤は年齢を重ねるとゆるんでいきます。骨盤のゆるみは、腰痛やボディラインを崩す原因のうちのひとつです。特にボディラインは多くの女性が気になるところですよね。綺麗なラインを手にいれるために骨盤矯正をする人もいるほどです。
ゆるんでいるかも?と心配な方も大丈夫。日々のエクササイズで骨盤周辺の筋肉を鍛えて、ゆるみの改善をしましょう。
骨盤底筋を鍛えると、子宮や膣、膣口といった周辺の筋肉も一緒に鍛えられ、生理痛が解消されたりホルモンバランスが整うとも言われています。また、下腹部のインナーマッスルも自然と力が入るので、ポッコリ下腹部の解消にも!まさに女子力アップ効果がもりだくさんのエクササイズがこちら!

骨盤底筋エクササイズのやり方

今回は、膣を意識したエクササイズで、骨盤底筋を鍛える方法をご紹介します。
(1)足を肩幅に開いて立ち、膣を意識します。
(2)息を吸いながら膣に力を入れ、5秒かけて膣口をキュッと引き締めていきます。
(3)そのまま5秒間キープします。
(4)息を吐きながら、5秒かけてゆっくり力をゆるめます。
このトレーニングは、毎日5回くらい行うのがおすすめです。膣口やその周りの引き締め方がイメージしにくい人は、膣と肛門をおへそに向かって引き上げるようなイメージを持つといいでしょう。
このエクササイズは、どこでもできるのがうれしいところ。家事の合間や通勤電車を待っているときに、コッソリ・・・なんていうのもいいかもしれません。

キレイドナビ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング