「私を助けて」歌舞伎町で声をかけてくる女...援助交際の最新事情 by渋井哲也

東京ブレイキングニュース / 2013年12月26日 16時25分

写真

http://n-knuckles.com/street/img/thumbnail/2013/12/kabukityou020-thumb-500x375-2216.jpg

 金曜日の未明、新宿・歌舞伎町の靖国通り沿いのドンキホーテ近くで、真っ白なコートを来た女性から「あのぅ、一杯飲みに行きませんか?」と声をかけられた。家出少女のようには見えない。髪は黒のショートヘア。見た目は派手ではないため、キャバクラ嬢のようにも見えない。一見、歌舞伎町に遊びに来た女性ではないかと思った。

 私はそのときひとりで歩いていた。自宅に帰るところだった。こんなタイミングで声をかけるということは何かあるのか? と思い、警戒心が増した私は「もう帰ります」と断った。すると、その女性は続けざまに「では、ホテルに行きませんか?」と誘って来たのだ。

 女性の誘いに断り続けたが、その女性は何度も声をかけてくる。そのため、私は「もう疲れたし、眠いので帰ります」と言った。女性は「じゃあ、眠っていていいですよ。私が癒してあげますから」と、しつこく誘ってくる。そのうち、女性は本音らしき発言をした。「支払いがたまっているので、助けてください」。つまり、援助交際をしようというのだ。一応、希望金額を聞いてみると、「2万円」と答えた。

 路上で声をかける女性が多いのは、かつては歌舞伎町の奥にある、東京都健康プラザ「ハイジア」周辺だった。そうした女性たちは"ハイジアン"と呼ばれたこともある。このハイジア周辺は、時期によって、立っている人たちの"種類"が違っていた。ある時期は日本人女性ばかりだったが、別の時期は南米出身の女性ばかりになっていた。そして、また別の時期は、客引きの男性が立っていて、女性を紹介するといった形だったりした。最近では、ハイジア周辺では、路上で待てないように柵ができ、さらに取り締まりを強化をした。そのためか、立っている人がほとんどない。

 歌舞伎町には出会い喫茶や出会いパブがあり、援助交際の交渉が行なわれることがある。その相場は「3万円」という女性が多いということは、私の取材経験から知っている。そのため、「出会い喫茶に行けばいいのに」とは思ったものの、おそらくは出会い喫茶に行けない事情があるのだろう。

 未明の出会い喫茶や出会いパブには、終電を逃した女子大生やOLらが始発待ちの利用が多かったりする。出会い喫茶に入るためのに女性は無料のため、携帯充電のためだけに、入店する女性たちもいる。そうした女性たちを男性たちが指名して、カップルシートで話をするといった仕組みだ。そのため、女性はいつも選ばれる側になっている。出会い喫茶には20代の利用者が多い。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング