中国アダルトビデオ革命史~日本製AVと無修正ポルノで混沌とする市場 by藤木TDC

東京ブレイキングニュース / 2013年12月30日 15時0分

写真

 この秋に中国で「日本AV影像史」(新星出版社)という本が出版された。題名からも想像できるとおり、日本のAV=アダルトビデオの歴史の解説書である。こうした書物の発行は中国では非常に珍しい。「中国初のAVに関する書籍」という書評もある。

 実は同書、なにを隠そう拙著『アダルトビデオ革命史』(幻冬舎新書)の中国語翻訳版(阮航訳)である。原書は820円+税の新書だが、中国語版はハードカバーの上製本、といっても定価32元とあるから日本円で540円ぐらい、中国の出版事情にまったく疎いので、高いのか安いのか分かりません。

 中国だからといって、著者に無断で海賊盤のように発行したわけではなく、きちんと原著の版元と出版契約を交わして出版したものだ。春先だったか、突然日本の版元から翻訳出版の印税が振り込まれて、どんな本に? と思っていら、その後、立派な見本誌が送られてきた。とはいえ売れ行きなどについて説明はなかった。

 ただ、この本はネット書店のAmazon china(アマゾン中国)でも売られていて、ランキングとかレビューが公開されているので、なんとなく反響のようなものは理解できる。自分でも驚かされるのは、12月現在ですでに44本もレビューが書かれ(日本語原著でも11本しかないのに...)、ランキングでは歴史書にカテゴライズされ、アジア史ランクで堂々の1位を続けている。歴史分野全カテゴリでもベストテンに入っていて、まあ中国国内でのAmazonの認知度や書籍市場にどれだけシェアを持ってるかなど未知の要素も多いのだが、とりあえず上位にいるというだけで多少は嬉しい気分になるものだ(オレが日本で本出しても売れないからね......)。

 ところで問題は、なぜそれは歴史書なのか、である。

 原著『アダルトビデオ革命史』はAmazon.co.jp(アマゾン・ジャパン)のランキングで見ると、エンターテイメント>サブカルチャー>性風俗、といったように、性メディアのランクに位置づけされるが(まあいちおう"社会学概論"などというカテゴリにも入っていたりするけど、順位はだいぶ下)、中国ではそうならない。

 そうならないのは当然の話で、中国において性風俗、性メディアは公には存在しないことになっているからだ。中国ではポルノも性風俗も建前上は法的に禁止されている。だからまず、中国のアマゾンにも「性風俗」というジャンルは存在しない。ポルノが存在しないということは、中国人は日本の「AV」というポルノも見たことはないはずなのだが......なのにこうして「日本AV影像史」なる書籍が出てそれなりに注目され売れてる不思議な現象がここにある。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング