「ピンクと緑はデブじゃない!」AKB、ももクロ、グラビアアイドルの報道されない素顔

東京ブレイキングニュース / 2014年1月6日 14時0分

写真

 芸能ライターをしているとスタッフからの本音を聞く事ができるものです。そこで今回、裏方さんたちに集まってもらい、現在のアイドルの素顔を語ってもらいました――。

その一『ピンクとグリーンの細さを知ってから物を言え!』

「私がスタイリストとして参加しているグループがあるんですが、そこのメンバーの子がネットやゴシップ誌でデブ扱いされてて腹が立つんです。その子達は私達の世代とは骨格が違うのか、全員心配になるほどほっそいんですよ。だからデブ扱いされてる子が少し太く見えるというだけで、実物は平均的な女性からするとかなり細身なんです。ちょうど成長期だし、女の子ってその時期にホルモンバランスから何から激変しますから、体型が安定しないなんて当たり前でしょう? それなのにゴシップ誌やネットの人は無責任にデブだの痩せろだの。あの子達があれ以上痩せたらハードワークで身体を壊して倒れますよ。 もっと体型が安定する時期になるまで大人しく待ってろと言いたいです」

 この方は女性のスタイリストさんで、ご自身もとても細身なんですが、このグループメンバー用の衣装はとてもじゃないけどサイズが小さすぎて入らないそうです。唯一、物によって袖が通せるのはピンクの子の衣装だそうですが、それもかなり窮屈だとか。そんな話はお構いなしに、話題になれば何でもいいと、子供の気持ちなんか考えずに記事にするのがゴシップ誌なんですよね......。

その二『某大人数グループのメインメンバーは、言われてるほど悪い子じゃない!』

「某週刊誌なんかに執拗に悪く言われ続けているグループが可哀想でなりません。あれだけ大人数だとメインメンバーは厳しい淘汰をくぐり抜けて選ばれた子達なので、極端に人格に難のある子なんて殆どいませんし、本当に言われてるほどの問題があったら残れませんよ。

 むしろ実物に会ってみたら思いのほか礼儀正しかったなんて声も多いんですが、取り上げられるのはマイナスになる情報ばかりです。私が担当している子達は躾もキッチリしているし、どうしてあそこまで悪く言われちゃってるのか不憫でなりません。たまに夜遊びに誘われて大失敗する子はいましたけど、あれだって遊び慣れてない事の証明ですし、お年頃なんだから恋愛したって普通でしょう。書かれ方が極端過ぎるんですよ」

 こちらはメイクさんとして大人数系のグループの仕事を請けている方ですが、一部のゴシップに心を痛めているご様子でした。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング