渋谷のドラッグ・犯罪・性を描いた問題作『HO~欲望の爪痕』のアブない制作秘話

東京ブレイキングニュース / 2014年1月31日 11時0分

写真

 昨年末に、とある映画に関するインタビュー記事を掲載させて頂いた。

 主演は大人気AV女優の横山美雪、原案は「メーンのひと」こと練マザファッカーのD.O、そして制作陣もキャストもクセの強い強烈なメンバーが揃っており、公開前から凶悪なカルトムービー臭がガンガン伝わって来ていた。なんせD.Oが「ボクらストリートで生きてきた人間にとってのリアルが詰まってます」などと言っているのだから、そんじょそこらの「ヤンキー風の映画を作ってみました(笑)」程度の内容で済むわけがない。

 この一癖も二癖もありそうな難物を、草下・荒井ら東京ブレイキングニュース執筆陣で見に行ったのだが、それはそれは予想通りの厄介な代物で、色々な意味でツッコミどころが満載。いったい何を描いてしまったのか、そして何を曖昧にしてすっとぼけたのか、今回は制作チームのD.O・PITGOb・YOCCHIらへ感想をぶっちゃけた。

※最後に久田編集長からの発表があります。

(ツッコミ:草下シンヤ・松本和彦・荒井禎雄) 

ーー粉はリアルだったんだけど、ポンプのシーンを見て安心したんだよ。 あんまり早いのはやってないんだなって。 それならばD.O達は人間的に信用できるなって。(草下)

「あ~ポンプのシーンは悩んだんですよ。 実は何パターンか撮らせて頂いたんですが、あまりにリアル過ぎたテイクはNGにしました。 そっちを入れてたら通らないっすね」(D.O)

ーーああ、そうなんだ! てっきり粉の扱いは慣れてるけどケミカル過ぎるヤツは詳しくないのかと思った!(草下)

「じゃあそれで! そう思って頂いた方が好都合ですので!」(D.O)

ーーポンプ使うならバキバキに血管を浮き出させないといけないのによ、あんな指でペシペシ叩いただけで腕に打つかい? それだったら手首に入れちゃうとか、色々と他の場所に打てばいいじゃんよ。せめてもっとギッチリ縛るとかさ。(松本)

ーーこの2人は映画を見終わった直後からこんな細かい点ばっかりツッコミ入れてるんですよ。真性のクズなのでお気になさらないでください。(荒井)

「いえいえ、先輩方には勉強させて頂いてますから! ティーチャーですよティーチャー!」(PITGOb)

ーー思ったんだけどさ、もし同じ制作チームで次があるなら、その時はオレが脚本とか小道具の考証とかで協力するよ。(草下)

「マジっすか! ぜひぜひお願いします!」(D.O)

ーーいや、ちょっと冷静になって。仮に次回作に草下シンヤが加わって、よりリアルで生々しい内容になったとするじゃん? そうすると絶対にどこにも流せなくなるよ? 今回くらいギリギリのファンタジーで誤魔化さないと、危なすぎて出口が作れなくなるだろ?(荒井)

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング