人気声優・田村ゆかり(17)実年齢公表で王国民が謀反か?

TABLO / 2014年3月3日 17時51分

写真

 人気声優の田村ゆかり(17)さんのコンサート中に、ファンがステージに向かって携帯ラジオを投げ付け、コンサートが一時中断される騒ぎが起きた。

「声優田村ゆかりさん(17)のコンサート妨害容疑 34歳男逮捕」
http://www.asahi.com/articles/ASG327VK5G32PTIL00W.html
(朝日新聞WEBニュースより引用)

 アニメなどで活躍する声優の田村ゆかりさん(17)が2日、大阪市内でコンサートを開いている最中に、ステージに向かって携帯ラジオが投げつけられる騒ぎがあった。田村さん(17)にけがはなかったが、コンサートは約30分間中断した。

 福井県の会社員の男(34)が現場で取り押さえられ、威力業務妨害容疑で現行犯逮捕された。天満署によると、男は「ファンだったが、あこがれの感情を断ち切りたかった」と容疑を認めているという。
※ 文中の(17)は筆者加筆

 アイドルや声優のファンのごく一部に、このような幼稚だったり社会性がなかったりする "大きなお友だち" がいるのは周知の事実なのでどうでもいい話なのだが、面白いのはこのニュースを受けてのおかしな拡散のされ方である。

 実はこの事件が起きる約2週間前に「田村ゆかり(17)がライブ中に実年齢をカミングアウトした!」という情報が出回っていた。今回の騒動はそれと結び付けられ、「田村ゆかり(17)の実年齢を知ってショックを受けたファンが暴挙に及んだ」といった文脈で拡散が進められている。

 ところが、元のニュースを読んでみれば解る通り、現段階では田村ゆかり(17)の実年齢と、逮捕された男の動機を結ぶ情報は明らかになっていない。

 さて、世の中には決して言ってはならないお約束が2つある。ひとつは覆面レスラーの正体バラシ、そしてもうひとつはアイドル声優の実年齢バラシだ。次点は2ちゃんの鮫島事件辺りだろうか?

 これらは便利な言葉で言うと"ファンタジー"というヤツで、ファンやユーザー同士が「知らない」もしくは「信じ込んでいる」という設定に身を置いて遊んでいるのである。田村ゆかり(17)の実年齢にしたって、「彼女の年齢は17歳+何日という表記をすること」というお約束があり、ファン達はその設定・ルールに従っているだけなのだ。よって、もし今回事件を起こしたファンが彼女の年齢を知らずに暴れたのだとしたら、そいつは"相当薄いファンだった"という事になる。

 ちなみに、声優の世界には"17才教"という組合(代表:井上喜久子)があり、そのメンバーは全員「17才+○○日」という年齢表記をするというローカルルールがある。

■ 参考リンク [17才教 今日の年齢ジェネレイター]
http://homepage3.nifty.com/yuyu/17-all.html

 このジェネレイターは非常に便利で、アナタの年齢を17才教式の表記に変えてくれるので、もしも必要な局面があれば積極的に活用すべきだ。

※例 http://homepage3.nifty.com/yuyu/17-beginner.html
2014年3月3日 荒井禎雄さんの今日の年齢は
「17才 と8060日」または「17才 と264ヶ月と24日」

 このように田村ゆかり(17)の実年齢なんて誰も本気で隠してはいないし、そもそも本人は「色々と解ってやってるタイプ」の人間であり、またその事すらも隠していない。言ってみれば田村ゆかり(17)は己のギミックや設定を(極力嫌味にならないように)守り抜いてきた、いわば優秀なプロレスラーなのである。

 今回の件でネタにマジレス的な報じ方をしてしまったメディア・記者は、せめて彼女のラジオ音源でも聞いてから記事の方向性を決めるべきだっただろう。

■ 参考リンク
田村ゆかりのいたずら黒うさぎ(文化放送/毎週土曜日24:00~24:30
http://www.joqr.net/blog/yukarin/

 田村ゆかりさん(17)とは、自分の新作アルバムの宣伝をする回で、アルバムジャケットを見ての第一声で「神々しいですね~! 逆光で! 後ろからピカーっと来てて真っ白で!」と言ってのける剛の者である。私は王国民(ファンの呼称)はこういう姫が好きで追い掛けているものと思っていたので、騒ぎを起こしたファンなどごく一部の例外だと信じたい。

 私も私でこんなプロレスの暗黙の了解を言葉で説明する的な記事を書くなどいかがなものかと思うが、今回の騒動は報じられ方があまりにおかしかったため、このような内容と相成った次第である。

 また、ついでに王国民にも伝えたい点がひとつだけあるのだが、このようなローカルルールを知らないメディアや個人が何か書いたとしても、Twitterやコメント欄への突撃などはすべきではない。王国民は祭りの結束力や悪ノリのパワーが強すぎるので、何かあった場合に田村ゆかり(17)本人にとって都合の悪い結果になり兼ねないからだ。

 例えば、コンサートに暴徒が現れた件を伝えるWEBサイトの中には、過去に王国民に突撃を受けた経験のあるサイトもあるのだが、当然そのような場所には好意的な内容は書かれない。 また今はまだ冷静な記事を書いているメディアでも、何かあった際にファンが暴走すれば、田村ゆかり(17)本人に恨みを抱き、何かある度に嫌味な情報ばかりを書き立てるようになるかもしれない。

 王国民が共通認識として持っているルールは王国内でしか通用しないのだから、そのローカルルールを外の世界に押し付け、場合によっては暴力的な行動に出るなどといった幼稚な真似は起こさぬようにすべきだろう。

 良かれと思ってやったファンの暴走が回り回って大好きなアイドルや声優を傷付け、また追い込む事にもなると知った上でファンタジーを楽しもう。

Written by 荒井禎雄

Photo by 秘密の扉から会いにきて/田村ゆかり

[Frameチャンネル]http://ch.nicovideo.jp/frame

新宿歌舞伎町のBAR『Frame』で夜ごと繰り広げられるアングラ&フェティッシュワールドを、ニコニコユーザーの皆様に覗き見して頂くチャンネル。『東京ブレイキングニュース』の執筆陣(草下シンヤ・荒井禎雄)らによる 「勝手に公開編集会議」 を放送しています。記事に対するご意見ご要望などありましたら、ぜひご参加ください。

【注目記事】

TABLO|タブロ

トピックスRSS

ランキング