ベビーシッター紹介サイトの暗黒面、虐待承知で利用者が集まるワケ

東京ブレイキングニュース / 2014年3月19日 20時20分

写真

 今月17日、自宅から幼児の死体が発見されたとして、埼玉県に住む男が死体遺棄の疑いで逮捕された。 男はネットのベビーシッターマッチングサービスに登録しており、そこを経由して子供を預かっていたという。

『ベビーシッターの男逮捕 2歳男児遺棄疑い 窒息死、「以前にもあざ」』

 埼玉県富士見市のマンション一室で横浜市磯子区の母親(22)の長男(2)が遺体で見つかった事件で、神奈川県警は18日、遺体を放置したとして死体遺棄の疑いで、この部屋に住むベビーシッターの 物袋勇治 (もってゆうじ) 容疑者(26)=富士見市東みずほ台2の14の6=を逮捕し、室内を家宅捜索した。

 長男は 山田龍琥 (やまだ・りく) ちゃんで、司法解剖の結果、窒息死の疑いがあり、口や鼻の周りの数カ所に皮膚の変色がみられた。死亡したのは、遺体が見つかった前日の16日ごろと推定される。県警は死亡の経緯を調べている。

 母親は18日夜、取材に応じ、物袋容疑者に以前、龍琥ちゃんと次男を複数回、預けたことがあったと明らかにした。その際、顔を腫らし、背中にあざをつくって帰宅したことが2回あったという。これ以上依頼するつもりはなかったが、物袋容疑者が今回は別の名前を使ったため、気付かなかったという。

 逮捕容疑は17日午前8時ごろ、遺体を保育室としても使っていた自宅のマンション一室に放置、遺棄した疑い。県警は18日、物袋容疑者を送検した。

(47NEWSより http://www.47news.jp/47topics/e/251498.php)

 このニュースが報じられるや、ネットではベビーシッターの男だけではなく、サービス提供会社や預けた母親に対する非難の声も巻き起こった。それも多分に仕方ない一面があり、まずネット上のやり取りだけで、顔も見た事のない他人に子供を預けるという点に危機意識の欠片も感じられない。

 またマッチングサービスの提供会社も同様で、こうした事件が起きる可能性は充分に予知できたはずである。それに対する防御策をもっと考えておくべきだった。しかし、そうした点を踏まえてもなお、今回最も非難を浴びるべきは、そして早急に対応すべきは "政府" だと断言させていただく。

 少子化が叫ばれてどれくらい経ったか解らないほどだが、今の日本は「子供が作れなくて当たり前」の状況にある。世襲で代々政治家様をやっているような貴族階級の皆様には伝わっていないのかもしれないが、経済的な後ろ盾を何も持たない大多数の国民(特に若者)にとって、結婚はともかく出産なんて「最も無責任な行為」と化してしまっている。自分の人生すら先行き不透明で、老人になって寿命が訪れるまで生きていられるかどうかすら不安視しているというのに、子供を作るなど以てのほかだ。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング