反レイシズム団体元代表が生活保護不正受給で逮捕...ネトウヨ論:番外編

東京ブレイキングニュース / 2014年4月29日 17時30分

写真

 在特会らをレイシストと呼び、反レイシズム運動をしていた団体(昨年5月に解散) の元代表者・凛七星が、生活保護費を不正受給した詐欺の疑いで逮捕された。

反ヘイトスピーチ団体元代表逮捕 生活保護費を不正受給疑い

 大阪府警警備部は15日、生活保護費を不正受給したとして詐欺の疑いで、ヘイトスピーチ(憎悪表現)への反対行動を行っていた市民団体「友だち守る団」(昨年5月解散)の元代表林啓一容疑者(52)=大阪市西成区橘=を逮捕した。

 警備部によると、守る団は「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの右派系市民グループに対抗するとして、昨年2月に結成。最大で約30人のメンバーを抱え、ヘイトスピーチが行われる場所に行き、非難の言葉を浴びせてきた。

 逮捕容疑は無収入とする虚偽の申告書を大阪市に提出し、2011年6月~12年2月に生活保護費約110万円をだまし取った疑い。

(47NEWSより http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014041501001749.html)

 まだ容疑の段階なので確定事項としては語れないが、とはいえこうした事件が起きた際は「味方こそ厳しい姿勢を見せなければならない」のが当たり前である。敵対する在特会などが騒ぐより前に、同じカウンター側の人間が強く批判し、反省の弁を述べなければ、敵に塩を送る結果にしかならないからだ。

 仲間を庇いたいと思ったとしても、それは人目につかない裏側でやればいいことで、表立って発して許される言葉は「ウソであって欲しいが事実ならば罪を償って欲しい」程度が限度だろう。公然と凜七星を庇いたいのであれば、無実が証明されてからにすべきである。

 組織・集団として自浄作用のあることを示し、対立する相手の武器を増やさず、一刻も早い沈静化を目指すというのが賢い防御策なのだが、それが出来ないと野次馬や対立組織にネチネチと調べ上げられ、どんどんボロが出て行き、運動全体の信用が失墜する。そうなってからでは修復は不可能である。

 ところが、現在Twitterなどで特に拡散されているカウンター側の中心人物らの声は、どちらかというと開き直りだったり、とにかく味方を庇うばかりだったりといった内容だ。中でも「凛七星の逮捕と反レイシズム運動は無関係だ」という論調が好まれているように見受けられる。

 しかし、反レイシズム運動とは、そもそも在特会らネトウヨ系団体の行き過ぎた言動に対し、カウンターを当てようというコンセプトで立ち上がった運動である。という事は、少なくとも在特会よりは自分たちの方に理がある、組織・集団としてまともだと示さねばならないはずだ。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング