AKB48御用メディアで板野友美とTAKAHIRO熱愛報道が解禁したウラ事情

東京ブレイキングニュース / 2014年5月22日 10時0分

写真

 

 今年初頭、写真週刊誌FRIDAYが元AKB48の板野友美とEXILEのTAKAHIROの熱愛について写真付きで報じた。それに続くように先日、今度は女性セブンが二人のデート現場について詳しく報じた。奇しくも密会当日は、TAKAHIROが所属する事務所LDHの重要な飲み会があったという。

 体育会系のEXILEでは社長HIROの命令は絶対だが、TAKAHIROはそれを蹴って恋人の板野友美を優先していたという。TAKAHIROファンが読んだら卒倒しそうな内容だった。だが、それ以上に驚いたのは業界関係者だったという。

「EXILEはさておき、AKB関連のスキャンダルといえば週刊文春の専売特許だった。多くの写真集を出しつつ、FRIDAYで『友撮』という連載がある講談社では、AKBのスキャンダル報道は厳禁でした。同じく、写真集にくわえてドル箱のカレンダーも出している小学館も同じ状況。AKBを卒業生したとはいえ、板野友美のスキャンダルを報じたのは、ある意味で画期的だと言えるでしょう」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 では、この両誌がそれまでのタブーを破り、一転して板野友美とTAKAHIROの熱愛を報じたウラには何があったのか。

「秋元康サイドが『板野に関してはOK』という見解を出していたようです。しかし、秋元サイドとは裏腹に所属のホリプロはカンカン。『書かない約束だっただろ』と激怒しているとか。とは言っても板野はTAKAHIROとの交際をまったく隠していないので、今後もバンバン書かれることになるでしょうね。板野はこのままTAKAHIROとゴールインしたいので、マスコミの力を使って外堀を固めたいと考えているフシもあります」

 だが、一方のTAKAHIRO側の事情もあるだけに、この二人の熱愛はそう簡単には事が進まないだろうというのが関係者の一致した見方だ。果たして板野の思いは実るのか?

Written by 阿蘭澄史

【注目記事】

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング