茨城県警はSNSで騒がれてから“煽り運転者”を捜査し始めたのではないか! 取材を申し込むと驚くべき返答をされました!

TABLO / 2019年8月20日 16時0分

茨城県守谷市の常磐自動車道で8月10日午前6時過ぎに発生したあおり運転暴行事件。あおり運転の常習者の宮崎文夫容疑者(43)に「殺すぞ」等と怒鳴られ、顔を数回殴られた24歳の被害者男性は11日に被害届を出しましたが、約一週間は警察の動きが悪かったようです。

「テレビ報道、SNSで事件が注目されてから、16日に逮捕状をとり指名手配して捜査に本腰を入れたようです」(報道関係者)

幸い19日に容疑者は逮捕されましたが、警察の動きの悪さについては多くの市民から指摘がありました。

茨城県警には、平成25年から「県民安心センター」部署を作って、県民の安全と平穏に関する相談を受けてきたようですが、テレビ報道、SNSで事件が注目されてからの指名手配となった経緯について茨城県警に取材してみました。

「報道が盛り上がるまで捜査が動かなかったというのは仮定の話でしょう? 動いていなかったというのはどのように証明されるのでしょうか?」(県民安心センター 報道係のキタムラさん)

捜査の過程を質問したにもかかわらず、仮定の話にすり替えて下さいました。事件の捜査の経緯を改めて質問したところ、

「事件を進めているので、取手警察署になります。私の方から副署長に連絡しておきます。その前にあなたの身分確認を。どちらのどなたでしたか」

県警の代表電話の受付の女性、県民安心センターのクロヌマさん、電話に出たキタムラさんには媒体名と、ライター名と趣旨は伝えてあるのですが、茨城県警には四度目になります。

「媒体名?っていうのは何ですか? ちょっとわかりません」

インターネットメディア、新聞、雑誌等を媒体という普通名詞でまとめるということは、茨城県警の報道係では周知されていないようです。

「ちょっと、そんな意地悪しないでくださいよ。私をディするのは構いませんけど。質問の趣旨もイマイチわかりませんけど、すぐに副署長に伝えておきますから」(キタムラさん)

趣旨も分かっていないのに伝言とは奇妙な発言です。再度説明の後、取手警察署の副署長フジタ氏に電話したところ、

「私は取材も受けたことありませんし、県民安心センターに確認して折り返します」という対応。

記者はバカにされているのでしょうか。

「私、人をバカにしたりするのは本当に嫌いなんで。バカにしてません」とのことで後ほどの折り返し電話を待つことに。

参考記事:女子大生へ自白強要! 嘘をついた愛媛県警に取材したところヘラヘラ対応されました 「TABLOなんて知らないし」 

10分以内に電話をくださるとのことでしたが、電話がなかったのたので、他の電話対応中に着信アリ。折り返すとフジタ副署長の代わりに、刑務課長のフルイさんが10分近くも中身のない話を繰り返しました。ようやくフジタ副署長が電話口に出ると

「県セ(県民安心センターの略)から了解を得てかけてきた事実を確認できませんでしたので、電話を切らせていただきます」と取材拒否でした。

宮崎文夫容疑者が指名手配にあってから、7月23日午前に静岡県と愛知県でもあおり運転の被害に遭った方から110番通報があったことが判明。静岡県警に取材してみました。

「アナタ様はインターネットニュースを個人でしている方ですか? TABLO?  在籍しているかを確認した上での対応になります。宮崎文夫の事件?? 茨城県警? 私、広報課の方では分かりません」(静岡県警広報課キシバタさん)

愛知県警の広報課は、

「ああ、そういうことですね、担当の方にかわります」(愛知県警広報課コヤナギさん)

と、物わかりの良さな女性が男性の担当者につないでくださったのに。

「答える立場にありません。複数の人間で合議を行ないますから。何とも言えません。一週間もあれば何らかの回答はできると思います」(愛知県警広報課 コジマさん)

という具合。

善良市民を恐怖に陥れたあおり常習者の被害者の通報を蔑ろにしていた組織という自覚は全く感じられません。難関公務員試験を突破したエリート達は一般人の想像を絶する曖昧話法で取材をあしらってくださいました。(文◎九頭竜腐流腐流)

あわせて読む:不祥事続きの警察庁に取材を申請したらバカにされました(泣) 「TABLO? 知らねえなあ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング