ブラジルW杯で「にわか」が通ぶれる優勝国予想...プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.48

TABLO / 2014年6月17日 10時45分

写真

 サッカーのワールドカップ・ブラジル大会が始まった。私は「ニュースプレゼンター」を担当している『荒川強啓デイ・キャッチ!』(TBSラジオ)で、先週月曜日に《サッカーが分からない人でも「W杯で知ったかぶりできるフレーズ」》をプレゼンした。

 サッカー雑誌や書籍を2時間かけて調べ、にわかが「通」ぶれそうなフレーズを探したのです。これが好評だったので、放送では紹介できなかったことを含め文字化しておきたい。

 まずあなたの周囲で優勝国の予想が始まったら我々はどう知ったかぶればよいのか。どこの国をあげれば「なんとなく」かっこいいのか。ブラジルやアルゼンチンではミーハーすぎる。かと言って下手にウクライナとか言ってしまうと理由をツッコまれる。ここはひとつ、「ドイツはいい準備をしてくると思うよ」 と言おう。

 理由を聞かれたら「一人ひとりがメンタルに強いからね」と国民性にすり替える。「ゲルマン魂だからね」で押し切るのもよし。

 プロの話も聞いた。飲み屋のママに「もしお客さんとの会話でW杯のことを聞かれたら?」と取材をしたら、「ギリシャは守備が堅いからねぇ」「内田は顔だけじゃないわよ」というフレーズが返ってきた。あとは客が勝手に議論をひろげてくれるらしい。さすがの客あしらい。

 サッカーライターが教えてくれた「通フレーズ」は、「遠藤、よく見えてるよね」 これがかっこいいらしい。遠藤の凄さをざっくり表現してるフレーズなのだという。皆さんさっそく使ってください。でも遠藤が試合に出ていないときに使うと恥をかくから要注意だ。

 さて、問題はザックJAPANの今後である。初戦を落としてしまった。果たして1次リーグ突破は可能なのか? さまざまな予想も調べてみた。まず「英ブックメーカー」大手の「ウィリアムヒル」の1次リーグC組のオッズ。

《コロンビアが1・28倍でトップ。次いで日本とコートジボワールが2倍で並び、ギリシャが3・20倍となっている。》(6月8日・MSN産経ニュース)

 次に、金融大手「ゴールドマンサックス」の顧客向けレポートのC組予選突破確率。

《1位ギリシャ60・6% 2位コロンビア59・7% 3位コートジボワール45・9%。日本は最下位の33・8パーセント。》(週刊朝日)

 こんなリアルな意見はどうだろう。

《2チーム賭けるとしたら、コロンビアとコートジボワールだ。byディエゴ・マラドーナ》東スポ情報。

 あと、この人の神予想を忘れてはいけない。小森純だ。4年前のW杯で日本代表の1次リーグ3試合すべてのスコアを的中させて話題となったタレント。現在は産休中だが、調べてみたら4月のイベントでしっかり予想していた。

《初戦コートジボワール戦は2-1で勝ち、ギリシャ戦は0-1で負け、コロンビア戦も0-1で負けで「1勝2敗で1次リーグ敗退」。》(4月16日・MSN産経ニュース)

 ご存じのとおり日本は初戦のコートジボワール戦は2-1で負け。ただ、スコアを逆にすれば当たっている! そう、逆に考えればこのあと日本は2連勝で1次リーグ突破だ。

 小森純は4年前の神予想のあと自身のペニーオークション騒動は予想できなかっただけに、今回は「逆神予想」として期待したい。

Written by プチ鹿島

Photo by R.H.Sumon™

http://n-knuckles.com/serialization/img/kasimaph.jpg

プチ鹿島●時事芸人。オフィス北野所属。◆TBSラジオ「東京ポッド許可局」◆TBSラジオ「荒川強啓ディ・キャッチ!」◆YBSラジオ「はみだし しゃべくりラジオキックス」NHKラジオ第一「午後のまりやーじゅ」◆書籍「うそ社説 2~時事芸人~」◆WEB本の雑誌メルマガ ◆連載コラム「宝島」「東スポWeb」「KAMINOGE」「映画野郎」「CIRCUS MAX 」

TABLO|タブロ

トピックスRSS

ランキング