近代日本に誕生した南大東島の独立国秘話(前)【ニッポン隠れ里奇譚】

東京ブレイキングニュース / 2014年7月24日 19時0分

写真

▲開拓時代の南大東島・在所地区

 明治以降の近現代の日本国にあって、個人が支配した、さながら"王国"のような領域が実在していたのをご存知だろうか。その王国では、日本でありながら日本の通貨は流通せず、"円"とは異なる全く独自の通貨の発行が許されていた。

 通貨だけではない。そこでは、病院、学校、工場、農場、鉄道、そしてあろうことか全ての土地までも"個人"が所有し、治安の維持も請け負っていた。その島へ出入りするときは、その個人の会社の許可証が必要だった。その男は島を事実上支配していたのだ。

 人々は畏敬の念をこめて、その島をこう呼んだ。"玉置王国"と。

 今回、紹介する南大東島の在所という地区は、玉置半右衛門という一代の奸雄が、南北大東島を支配していた、その本拠が置かれていた集落である。

 隆起珊瑚礁の特異な地形を有する南北の大東島は、太平洋に浮かぶ絶海の孤島であり、最も近い有人島である西方の沖縄本島からは360キロ、東の小笠原諸島からは1000キロの距離の大洋に隔てられていた。

 島は巨大な鍾乳洞の上に、薄い地表が"蓋"のようにのっかった地形をしており、地表の所々には、ドリーネと称される巨大な縦の空洞が穿たれており、大陥没を起こしていた。そして、いたるところに広大な鍾乳洞への入り口がポッカリ口を開けていた。

 島の中央にはそんな巨大な陥没地帯に水が溜まった、たくさんの大きな溜め池が散在していた。そんな池の端に、南大東島最古の"在所"の集落が存在していた。

 南北大東島は、長らく無人島として放置されていた。

 明治維新以後、そんな南洋の絶海の孤島が、にわかに注目され始めた。イギリス、アメリカ、ロシア、フランス、スペイン、オランダ、オーストラリア、さらに新興のドイツなど欧米の帝国主義政策をとる列強たちによる、太平洋の島々の争奪戦が始まったのである。

 明治維新を成し遂げて、ようやく近代化の道を歩み始めた日本も、いやおうなく南洋を巡る植民地獲得競争に巻き込まれ、参加することとなった。とにかく周辺に領土を広げておかないと、日本本土がいずれは危うくなり、列強の植民地と化してしまうのではないか、と恐れたのだ。また、近代化のために南方に植民地を築き、その富を自国の開発に活用しようという欲求も胸に秘めていたのは、言うまでもない。

 帝国主義の時代だったのだ。

 そんな明治新政府は、矢継ぎ早に小笠原諸島の領有宣言(明治9<1876>年)、琉球王国を併合(琉球処分。完了は明治12<1879>年)と南進の動きを加速し、明治18(1885)年に南北大東島の領有を宣言する。これらの諸島域の確保は、その後のさらに南に位置するマリアナ諸島やマーシャル諸島などへの進出に欠かせない橋頭堡だった。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング