野口健氏「韓国で日本人差別」はどこまで本当か...釜山で現地取材

東京ブレイキングニュース / 2014年8月15日 12時16分

写真

 

 野口氏の証言にある「サウナで追放された」という証言については、その体験にあったという釜山に実際に取材してみることにした。(なお、野口氏はくだのんツイッターでの発言の後、J-CASTニュースの取材に答えて、それは1998年頃と追加の証言をしている)

 長く通訳として韓国で働き現地の観光事情に詳しい人に話を聞けば、この当時釜山でサウナといったら4~5か所しかなかったとのこと。そのひとつ釜山のコモドホテルを訪問した。釜山港を一望に見下ろす小高い丘にある、勇壮な韓国式の外観で知られた老舗のホテルだ。サウナに入りたいと日本語で話すと、カウンターのホテルマンはすらすらと日本語で営業時間と料金を教えてくれた。

 昔から日本人が多いホテルであるとのことで、日本人ということでのトラブルはひとつもないとのことだ。1998年頃は日本からのサラリーマンやそれこそヤクザまでもがサウナを多数利用していたという。昨年公開された韓国映画『わるいやつら』でも、このホテルは釜山と日本のヤクザの交渉場所として使われていた。

 日本との交流の玄関口である釜山には日本人は多い。韓流ブームのはるか前、日本人が韓国に旅行するということであれば、それはほとんどが男性であった。すなわちキーセン観光という名の買収ツアー。距離的に一番手ごろな釜山には、たくさんの中年男であふれていた。そういう釜山で、サウナに日本人が来たからといって「追放」されたりするとは、どうにもこうにも不自然な話だ。本当にこんなことがあるのだとしたら、サウナに入ってくる日本人はかたっぱしからケンカを売られていたはずなのだが。

 98年当時からサウナがあったという釜山の中心部から20分程度の観光地にある「ヘウンデグランドホテル」と釜山の駅前にある「広場ホテル」も訪ねた。こちらの質問に怪訝そうな顔しながら「日本人だからというようなトラブルは聞いたことはない。たくさん日本人は来るので、そういうことはないと思う」とめんどくさそうに答えられた。

 釜山の日本人会には面白い話を聞いた。テレビの番組の企画で、韓国に悪質な人種差別があるとネットには出回っているが本当かどうか検証する、というものがあったらしい。ネットに書いてあったという日本人がトラブルにあった(集団で暴行された)という店に取材し、店の監視カメラまで分析して、それがデマであったということを証明したということだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング