「ブラック企業の発想」テレ朝動画投稿サイトが開設直後に閉鎖した顛末

東京ブレイキングニュース / 2014年8月20日 19時0分

写真

 

 テレビ朝日が開設した動画投稿サイトが、サービス開始直後に閉鎖するという珍しい展開を見せて話題になっている。閉鎖せざるを得なくなった最大の理由は規約の酷さで、「ギャラとか一切発生しないから」「お前らが投稿した動画はテレ朝が勝手に使う」 「動画素材は我々が好き勝手に編集する」「裁判沙汰になったり何か問題があったらお前らが賠償金を全額払えよ?」というステキすぎる仕様。リスクを全てネットユーザーに押し付け、自分達は美味しい所だけを頂こうという、絵に描いたような日本の大企業の本音である。ある意味でこれも「ブラックの発想」 だと言えよう。

 最近になって、ワイドショーなどではTwitter炎上騒動などを取り上げ、コメンテーター が「ネットリテラシー」を説くケースが増えて来たが、今回の酷すぎる規約など「まずお前らがネットリテラシーを学べよ」と言いたくなる。

 さて、そんなネットにもブラック企業の流儀を持ち込んで大失敗したテレ朝様ではあるが、テレビ屋のネットに対する妙に差別的な感覚は今に始まった事ではない。むしろ今の方がテレビ業界が苦境に立たされている分だけマシになったとも言えるだろう。

 例えば、私がまだマジメにジャーナリストらしき活動をしていた00年代中頃など、何か面白いネタを見付けるとすぐにテレビや出版社(場合によっては新聞社)などからお声が掛かった。新聞社はごく普通に取材の申し込みである場合が殆どだし、出版社の場合は少額ではあるが情報提供の対価を支払ってくれるので特に問題はなかったのだが、酷いのはテレビ屋である。連中はまず金は払わない。

 しかもリスクを背負う気もない。したがって、情報提供側に何のメリットもないのだ。呼ばれて局に行ったのにタクシーチケットすら出して貰えずに交通費分だけ赤字という事も多々あった。当時は「ネットを拠点に活動しているヤツなんか出たがりの素人と同じ」という見方しかして貰えなかったのだ。連中の本音は今も昔も 「テレビ様に使って貰えるだけ有り難いと思え」である。

 今でこそネットを拠点とするジャーナリストが認知されてきたが、10年も前は何かの現場で媒体がネットだと言うと鼻で笑われ相手にされなかった。私自身も警察に「ネットのジャーナリスト? ふざけてるの?」と侮辱された事が何度かあるし、記者会見場で揉めた事も一度や二度ではない。当時唯一助けてくれたのが梨元勝氏で、生前の梨さんは「荒井ちゃんさ、ああいう場でネットと言うとバカにされるから、次からはボクの名前使って入っちゃっていいよ」とまで言って下さった。同時に「何か面白い話が取れたら教えてね」というプロの凄み(笑)も見せてくれたが、あの当時そんな対応をしてくれるマスコミ人など他にいなかったように思う。今やニコニコが記者会見に入れたり、国会中継をしているが、そんな状況になるなんて夢にも思えなかった時代だったのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング