【シリア拘束邦人】男性ブログから読み取れる事件の「真相」

東京ブレイキングニュース / 2014年8月21日 21時0分

写真

「イスラム国」兵士に尋問される湯川遥菜さんらしき男性。

 

 シリアで日本人男性が拘束された。拘束したのはイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国」とみられる。男性と一緒に行動をしていたシリア反体制派「イスラム戦線」のメンバーがメディアに提供したパスポートによると、男性で名前は「湯川遥菜」と書かれていた。政治家とのつながりもあったようだが、この女性っぽい名前と男性であることのギャップも話題を読んでいる。

 男性が設立したのは民間の軍事会社。ホームページによると、社名は「ピー・エム・シー株式会社(Private Military Company)」(東京都江東区)。男性は同社のCEOだ。業務内容は、国際民間軍事事業、海上護衛、紛争地域等での護衛などとなっている。ブログには14年5月7日付のエントリーがある。

「シリア内戦視察(紛争の世界)」とのタイトルで、「今回の戦地でのエピソードは短い期間だけどもかなり毎日の内容が濃く、5~10話ぐらいに分けてブログを書こうとしよう」とあり、武器の試射をしていたところや、遺体を確認している動画などが貼付けられている。

 政治家とのツーショット写真をFacebookに掲載していることも注目を浴びる理由だが、もう一つ、男性なのに「はるな」という女性を連想させる名前も話題だ。

「はるな」という名前は、明治安田生命が発表した「赤ちゃんの名前ランキング」では、近年では人気だ。ただし漢字は「陽菜」だ。ここ数年は1位か2位。2012年の2位。11年度は1位が、10年度は2位、8、9年度は1位(ただし呼び名で「ひな」を含む)。AKB48の小島陽菜の人気によるものだろうか。

 改名のヒントになるのは、自殺未遂経験にあるようだ。「ちょっと珍しい自殺経験」( http://ameblo.jp/yoshiko-kawashima/entry-11678839529.html )と題したエントリーでは、以下のようなことが書かれている。

 恐らく2007年~08年頃かと思う。以前も触れたが、2005年頃、僕はある人に陥れられ全てを無くしてしまった。その挫折感から自殺したのだが、無念さや未練、挫折感が強く有った時は逆に死ねなかったね。(言語に絶する)

 どんな理由であれ、社会的地位に居れば他人のせいでも、全て自己責任になる。管理責任とか責任が重く大変なんだ。この感覚は上に立つ者しか解らないだろう。

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング