「めちゃイケ」視聴率低迷のウラで...岡村隆史のちょっとエロいい話

東京ブレイキングニュース / 2014年9月20日 19時0分

写真

 

 20年以上続いた『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)が終了し、さらには大看板の『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)は5月31日の視聴率10%以降、ひとケタ台の低迷が続くなど、再び心身のストレスが心配される岡村隆史。疲れがたまったり、強いストレスを感じるとお腹がゆるくなるという体調面が不安視されている。

 そこで気分転換なのか、岡村が久しぶりに出かけたソープランドでは有名なエピソードを残している。証言するのは、テレビ制作会社のスタッフ。

「付いてくれたソープ嬢がものすごい美人だったようで、プレイ当初からかなり緊張したんだそうです。するとすぐに腹部に痛みを感じて便意を催してしまったと。すでにプレイは始まってるし、全裸だしで『トイレに行きたい』と言い出せないでいたら、そのままマット上で粗相してしまったというんです」

 岡村は以前より人見知りな性格が知られ、そのシャイすぎる性格が独身生活を続ける最大の要因となっていた。だが、便意を言い出せないというのは度が過ぎる。

「一瞬、フリーズするソープ嬢を横目に、『すいません、本当にすいません』と言いながら自分で掃除したんだとか。すぐに洗い流したので痕跡も臭いも残らず、何もなかったかのようにプレイを続行することになったようですが、そのソープ嬢は何も言わず、岡村さんのお尻をキレイで洗ってくれたそうです。岡村さんは『あれこそプロや』と感心していました。『だけど、恥ずかしいからあの店には二度と行かへん』とも言ってましたけど」(前出・テレビ制作会社のスタッフ)

 そんなに気立ての良いソープ嬢がいる店なら贔屓にしても良さそうだが、やはりそこは心優しいシャイな男。ストレス発散の場をひとつ失ってしまったのは残念に違いない。

Written by 風間岳人

東京ブレイキングニュース

トピックスRSS

ランキング